BeNative
活きたビジネス英語を無料の動画で学び、さらに学習を頑張った人にはその分の報酬も手に入る次世代型の英語教育アプリ「BeNative」
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
4
メンバー
2

ニュース

2016.07.29
PRESS

勉強した分だけ報酬が得られる新発想「リワード型学習モデル」を採用!従来の教育業界の常識を覆す英語アプリBeNative、日本でもリリース。

グローバル教育系スタートアップ企業、株式会社SMATOOS(本社:韓国ソウル(日本支社:東京都港区)、代表取締役:Alan Moonsoo Kim、以下SMATOOS)は、ユーザーが英語を学習すればするほど、現金や各種ポイントなどをその学習者自身が得られるという「リワード型学習モデル」を採用した全く新しいコンセプトの無料英語学習アプリBeNativeを2016年7月29日に日本でも正式にリリースすることを報告致します。(URL: http://www.benative.com/jp/)

BeNativeは英語学習者への報酬として、実際の現金や各種ポイントを学習者にプレゼントする世界初の教育アプリです。また、現金やポイントの報酬制度以外にも、世界中のユーザーとランキングを競い合ったり、他のゲーミフィケーション機能を備えたりすることで、学習者のモチベーションを高く維持します。英語初級者から上級者まで楽しめる学習コンテンツを幅広く用意しており、ユーザー各自のレベルやペースに合わせて学習できるように設計されています。

先立ってリリースされているSMATOOSの法人向け語学研修サービスBeNative Pro/Premium (URL: http://www.benative.jp/) は、アジア各国においてすでにSamsungやLGなど、トップ企業の従業員の語学スキル向上のために導入されています。今回の新アプリBeNativeは、それとほぼ同じ学習コンテンツを有しており、無料のアプリとはいえコンテンツのクオリティもしっかり保証されています。

SMATOOS代表のAlanは、このアプリで採用した「リワード型学習モデル」を、次世代教育への当然の動きだと見ています。「世界中で急増するスマートフォン普及率と、無料のオンライン学習コンテンツの増加を併せて考えると、教育業界における次世代のスタンダードは、学習するほどに報酬がもらえるという仕組みを構築することで、世界中の学習者のモチベーションを継続させ、学習効果の最大化を図ることだと考えています。」と、Alanはこの新しい学習モデルが実現する未来を語っています。

日本市場における今後の展開としては、BeNativeのアプリ内で報酬として獲得できるポイントと、コンビニや公共交通機関、その他サービスなどのポイントを連携させることを視野に入れ、それによってBeNativeのユーザーが、学習を継続するほどに、より多くのメリットを享受できるような仕組みを増やしていきたいと考えています。

■BeNativeについて
BeNativeは、株式会社SMATOOSが運営する言語教育に特化したEdTech(教育(Education)×技術(Technology))サービスの総称です。SMATOOSは、2016年エジソン財団が運営するEdison Awardsが選ぶ「革新的なグローバル企業2016」にノミネートされており、BeNativeの法人向けサービスBeNative Pro/Premiumは、アジア各国で2000社以上の英語・中国語の従業員研修に活用されています。また、日本と韓国では大学向けの教材としても使用されています。BeNativeは一流ビジネスパーソンのビデオ映像を使いながら、重要な語彙やフレーズを効率よく学習者に教えることができるサービスです。これまでに、アジア各地やアメリカなどでいくつかのビジネスアワードも受賞しています。

■株式会社SMATOOSについて
・代表取締役CEO:Alan Moonsoo Kim
・日本法人共同代表:矢野 恵介
・日本法人所在地:〒106-0046 東京都港区元麻布3-1-35 VORT元麻布 B2F
・事業内容:
- オンライン語学学習サービス「BeNative」の開発・販売 (http://www.benative.com/jp/)
- リワード型学習モデルを活用した英単語パズルゲームアプリ「CashEnglish」の開発・販売、など (http://www.cashenglish.com/)

※記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。