オープンイノベーションの種類とは?4つの手法と連携パターンを紹介

  • twitterのロゴ
  • lineのロゴ

この記事をシェア

事業会社とスタートアップ企業によるオープンイノベーションには、幾つかの手法や連携パターンがあり、各社のニーズや状況によって取り組み方も様々です。

顧客ニーズの多様化やプロダクトサイクルの短期化など、ビジネス構造が変革する過度期である昨今、事業会社とスタートアップ企業による新たな技術やサービスを開発する為にオープンイノベーションの活用に取り組む機会が増えてきました。

以下に、代表的な事業会社とスタートアップ企業のオープンイノベーションの4つの手法と連携パターンを紹介します。

パターン1
コーポレートベンチャーキャピタル (CVC) の創設
出資を通じて既存事業とのシナジー効果や、キャピタルゲイン+情報収集を目的とします。

パターン2
コワーキングスペースの創設
スタートアップとの関係性構築の窓口とし、継続的な関わりを持ち、 スタートアップ企業への認知向上やコミュニケーションの機会の向上を目的とします。

パターン3
コンペティションにおける、スポンサー枠
スタートアップ・コンペティションやイベントにおいて、事業会社枠として名前を出すことでスタートアップ界隈での認知向上を目的とします。

パターン4
アクセラレータープログラムの実施
事業会社の保有するリソースをスタートアップへ提供し、スタートアップの成長支援と新しい事業創出を目指します。

Crewwでは、アクセラレータープログラム「creww accele 」を提供しています。
アクセラレータープログラムは、スタートアップ企業と協業することや「売買取引」「業務提携」「少額出資」「買収」と順を踏んで提携を進めていく事が可能です。

  • twitterのロゴ
  • lineのロゴ

この記事をシェア

基礎知識

オープンイノベーションの基礎知識

アクセラレータープログラムの基礎知識

スタートアップの基礎知識

イノベーションの関連知識