ジーマックスメディアソリューション株式会社
大規模 ・ 多拠点 ・ 多デバイス から集積されるデータを 「一元管理」 「分析」 することで業務の 「効率化」 「自動化」 を目指す事業者に対しサービスを提供する会社です
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
6
メンバー
1

サービス紹介文

  • Thumb 392b5121 e2b7 43c1 ba91 ed494c377dd3
  • Thumb f22d040c dec2 4889 86fe 90c10618e553
  • Thumb 8f8536dc 0e72 4003 8830 13f7bee62bf2
  • 0
映像を中心としたハイブリッドプラットフォームWisbrain®の提供

Wisbrain®ハイブリッドプラットフォーム(PaaS)
・爆発的に増加するIoTデバイスを効率的にコントロールするAI基盤を自社開発
・分散処理を行い、あらゆる顧客のニーズを満たすハイブリッドシステム

Wisbrain®VMP(SaaS):カメラやIoT等のデバイスを統合管理
Wisbrain®AI Person search(SaaS):対象者をカメラを跨いで検索
Wisbrain®AI Suspicious person detection(SaaS):不審者 (異常行動) を検知
Wisbrain®AI Retail(SaaS):人数・滞留・人物属性・動線を解析
Wisbrain®AI Traffic(SaaS):バイク・車両・人物を検知・測定

Wisbrain®EdgeBox:高精度・リアルタイム・低コストを実現した最先端EdgeBox

なぜやっているのか

Noimage

阪神淡路大震災の時、私にとってかけがえのない仲間が亡くなりました。社会人になり、今とは全然畑が違う仕事をしている時、東日本大震災が発生しました。当時の首相が、テレビの前で「現場で何が起こっているのかわからい!」と怒鳴っている姿を見た時、「なんでカメラで見ないんだろう?」と疑問に思いました。そんなきっかけから事業を開始しました。

どうやっているのか

Noimage

「わたしたちは新たなデータプラットフォームを構築し安心・安全で豊かな社会の実現に貢献します」

監視カメラを中心とするデバイスから集積されるデータを
「エッジコンピューター」と「センターサーバ」で分散処理し、それらを連結させ「一元管理」
集まったデータを分析することで「未来を予測」
業務の「効率化」「自動化」をはかることで、社会に貢献します。

今やっていること

Noimage
出資戦略

事業拡大に伴い出資を受けるべく活動しています

Noimage
パートナー連携強化に対する取組

2018年度より、アクセラレーターに参加する事で更なるパートナー連携の強化をする取り組みを行っております。

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)
  • スタッフ探し
  • 取材してほしい

創業者

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。