PAYSLE
スマホを使ったコンビニ支払いサービス(PAYSLE)を展開。利用者の利便性を高めながら企業の請求書に発行に関するコストを削減いたします。当社はNECとSMBCが設立したFinTechベンチャーです。
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
1
メンバー
3

ニュース

2017.09.07
PRESS
Ba597ef1 8a63 4b63 9751 c4b06961ef1e

スマートフォンを活用したコンビニ収納サービス「PAYSLE(ペイスル)」のサービス開始について

日本電気株式会社と株式会社三井住友銀行の共同出資により設立した株式会社ブリースコーポレーションは、スマートフォンを活用したコンビニ収納サービス(名称:「PAYSLE(ペイスル)」)の提供を開始し、2017年9月15日からミニストップ株式会社が、2017年9月中に株式会社セコマが取り扱いを開始します。

また、株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、株式会社ファミリーマート、株式会社ローソンにおいては、2018年中の取り扱い開始を目指し、検討中です。

さらに、「PAYSLE」の展開にあたり、決済代行会社としてSMBCファイナンスサービス株式会社、株式会社電算システムと連携します。

このほか、自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」とのサービス連携を予定するなど、breesでは利用者の利便性向上に向けた各種サービスとの連携を進めていきます。

PDFをダウンロード