防災アプリ・避難誘導アプリ「みたチョ」
安心・安全の土台の上に、観光事業、インバウンド事業、次世代広告事業を展開
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
3
メンバー
2

サービス内容

06d7ce02 4c99 4388 9103 52bb12a4b94f 367edc95 4883 4766 9720 cf7618772a30 Be2b9a9b dd4b 4c01 b283 3c4f62e869c3 977fb036 5658 4c40 babe 3ce214151133 093a460c d9f2 46c8 bfd7 499602c9e992
  • Thumb 06d7ce02 4c99 4388 9103 52bb12a4b94f
  • Thumb 367edc95 4883 4766 9720 cf7618772a30
  • Thumb be2b9a9b dd4b 4c01 b283 3c4f62e869c3
  • Thumb 977fb036 5658 4c40 babe 3ce214151133
  • Thumb 093a460c d9f2 46c8 bfd7 499602c9e992
安心・安全を確保、その上に観光・インバウンド事業展開

全国、45の自治体と防災協定を締結(一般社団法人 全国防災共助協会)。安心・安全を確保し、観光、インバウンド事業などを展開していく仕組みを構築

なぜやっているのか

Feadfa51 3e21 4938 ad8b 32179543a0d0

みたチョ構想を行う上で大きな問題は目白押しでした。
しかし、1番の問題は、どんな優れた防災アプリを制作しても、認知されても、
いつ来るかわからない震災のためにエンドユーザーはダウンロードしない。
この問題にぶち当たるという事でした。

そこで、発想を逆転しました。「アプリはどうでもいい。」・・・・・

防災アプリは何のために作るのか? それは一人でも多くの方が助かってほしいから。

どうやっているのか

91d75a80 c1f3 4c8a 86bd 136cb77a76df

「人々に防災を意識してもらう事。」
これが、防災AR啓発ステッカーの誕生です。市民の皆様が目にする事で、防災を意識する。
「意識することが減災への第一歩である。」
その防災AR啓発ステッカーを利用し、災害時に電波が無くても最寄りの避難場所まで誘導する事ができればと、いう発想から開発にとりかかりました。
それから、1年後、アプリの導入都市と契約することができ、構想が実現する事となりました。

今やっていること

1fefd674 950e 487a 8c3d fdc30a25b07d
観光AR事業

防災ARシステムが構築され、各市町村さまとお話をさせて頂く中、街づくりとは、防災と観光が切っても切れない事柄である事を知りました。
見知らぬ土地に観光していて、災害にあっても防災ARで最寄りの避難場所へ逃げる事ができるため安心して観光ができます。
また、観光地にスマートフォンをかざすとガイド映像、音声がながれ、観光の手助けに。特に外国人に関しては、母国語でガイドができると言うことのメリット。

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。