SmartDrive
自動車から走行ビックデータを収集/解析することでより良い車社会の実現を目指します。
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
3
メンバー
1

ニュース

2015.08.05
PRESS

スマートドライブ、株式会社産業革新機構及びアクサ損害保険株式会社に対し第三者割当増資を実施

株式会社スマートドライブ(以下「スマートドライブ」)(本社:東京都渋谷区、代表取締役:北川烈)は、株式会社産業革新機構(以下「INCJ」)(本社:東京都千代田区、代表取
締役社長:勝又幹英)、およびアクサ損害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:藤井 靖之、以下「アクサダイレクト」)に対し、今後の事業推進に必要な
資金を調達するため第三者割当増資を実施しました。
スマートドライブは、車社会をビッグデータで変革すべく2013年に設立されたベンチャー企業です。スマートドライブは、OBD-Ⅱ*から運転情報をリアルタイムに取得し、テ
レマティクス保険、車両動態管理、自動車ディーラーのCRMツールなど、様々なサービス展開を可能にする業界・サービス横断的なテレマティクス情報プラットフォームの構
築を目指しています。自動車関連のサービス事業者は、スマートドライブのプラットフォームを活用することにより、低コストかつ柔軟・スピーディーにサービスを展開するこ
とが可能となります。
またスマートドライブは、総務省がベンチャー企業による新事業の創出を支援する2014年度I-Challenge(! ICTイノベーション創出チャレンジプログラム)の第1号案件と
して採択され、「自動車のOBD-Ⅱとスマートフォンの連携を用いたテレマティクスデータ活用技術」事業に取り組んでいます。
*OBD-Ⅱ(On-Board Diagnostics, Second Generation)とは、自動車に搭載された世界標準規格の自動車整備用ポートであり、当ポートからは、車速、エンジン
回転数、走行距離など、約150種の運転関連情報を取得することができます。
スマートドライブは、すでにアクサダイレクトと新商品・新サービスの開発及び提供を目的とした業務提携に係る基本合意書を締結しています。また、テレマティクスサービス
向けの車載機器を含むサービスプラットフォームにはインテルのプロセッサー及びテクノロジを採用する計画を発表しています。今後、国内外の大手企業との連携によるグ
ローバルなサービス提供を通じて、テレマティクスサービスの分野において強固なポジションを築き上げることを目指します。