SmartDrive
自動車から走行ビックデータを収集/解析することでより良い車社会の実現を目指します。
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
3
メンバー
1

ニュース

2015.05.13
PRESS

保険業界向けテレマティクス基盤にインテル製テレマティクス向けサービス・プラットフォームを採用

2015年5月13日(東京)、株式会社スマートドライブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:北川 烈、以下「SmartDrive」)は、先日業務提携(アライアンス)を発表したアクサ損 害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:藤井 靖之、以下「アクサダイレクト」)のテレマティクス※2サービス基盤にインテルのテレマティクス向けサ ービス・プラットフォームを採用すると発表しました。また、今後登場予定の様々なテレマティクスサービス向けの車載機器を含むサービスプラットフォームにインテルのプロセッサーおよびテクノロジを採用する計画を発表しました。

SmartDriveは、車社会をビッグデータで変革する目的で設立されたスタートアップ・カンパニーで、総務省がベンチャー企業による新事業の創出を支援する2014年度 I-Challenge(!ICTイノベーション創出チャレンジプログラム)の第1号案件として採択され、「自動車のOBD-II※1とモバイルデバイスの連携を用いたテレマティクス※2 データ活用技術」事業を推進することで、渋滞緩和や事故予防といった大きな社会課題の解決にチャレンジしています。

「テレマティクスデータの応用範囲は幅広く、今後新たな利用アイデアが続々と登場することが予想され、その一部は既に取組みの準備が始まっています。当社の究極の目 的はこのような時代の到来にふさわしい、データを適切に収集、分析し、利用者および受益者に還元する、いわばテレマティクスデータプラットフォームの提供です。インテル のプロセッサー、車載向けプラットフォーム、データ処理プラットフォームのロードマップは強力で、弊社の考える製品・サービスを実現するために最適です。」
SmartDrive CEO 北川 烈