healthServer
その時点のあなたに最適な栄養素を自動で選択、オーダーメイドで提供する未来の家電「healthServer」
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
4

サービス内容

A8a64b0e c4a9 442e 89b0 348f6eac3182 568fc1b2 c275 4229 9004 7bb27a5709a5
  • Thumb a8a64b0e c4a9 442e 89b0 348f6eac3182
  • Thumb 568fc1b2 c275 4229 9004 7bb27a5709a5
healthServer事業について

【背景】
高齢化社会の進行、健康の維持・促進のニーズの高まりなどを背景に、ヘルスケア分野が大きな注目を集めています。生体センサや健康家電等の研究開発によって、人の生体状態を測る技術が急速に発展しつつあり、人々の健康に寄与することに期待が高まっています。

【問題意識】
一方で、健康になるためには、生体状態の把握だけではなく、把握した情報を元に実際に行動を起こす、つまり「行動変容」が必要です。その中でも、適切な栄養管理は、重要な行動変容のひとつですが、その多くは、負荷の大きいものです。
体に必要な栄養素を、適量かつ適切なタイミングで摂取することは、病気リスクを低減する上で重要です。しかしながら、これは容易なものではありません。
栄養素には摂取目安があり、欠乏しても、過剰摂取しても人体に良い影響を与えません。体内で蓄積、生成される栄養素もありますが、体外からの摂取を必要とするものも多く、それぞれ必要な摂取量も多岐にわたります。また、栄養素の適切なタイミングによる摂取は重要ですが、摂取時の身体状態や運動強度、目指す健康状態も一人一人違う中で、その「適切なタイミング」を判断することはとても負荷が大きく困難です。さらに、多岐にわたる栄養素を、自ら調達することも容易ではありません。

【解決策】
生体センサや健康家電により得られた生体情報を基に、自動で、オーダーメイドに栄養素を提供してくれる家電が身近にあったら、負荷を限りなく少なく行動変容を起こせるのではないか。
これに応えるのが、弊社の「healthServer(ヘルスサーバ)」です。

【弊社ソリューション】
「healthServer」は、生体状態に基づいて、適切な栄養素の自動調合と抽出を行い、ユーザの栄養管理を手軽にする世界初の小型家電です。
測定された生体情報から、独自開発の栄養素算定アルゴリズム(特許査定通知済み)を通して、ユーザに「その人のその時点で必要な栄養素」をオーダーメイドで提供する、健康になるための行動変容の支援に特化した、ヘルスケア家電です。

なぜやっているのか

Noimage 453ee38e793526a1829c47d79e6f781e59b52c2357d3e4932cae4b4557608ac9

わたしたちの目的は「技術で飲むを彩り」そして「飲むを通じた体験」を作ることです。飲むことは、誰もが毎日欠かすことができないものです。身体に水分を補給するだけではなく、そこには健康、美容、リラックス、人とのつながり、スポーツ、様々な感情やアクティビティが関連します。その中で、「飲む」を通じて、誰もの願いである「健康であり続けること」にどこまで貢献することができるか、挑戦するものです。

こんなサポーターを求めています

  • 投資して欲しい

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。