HACARUS | 産業・医療分野向けAIソリューション
少量データからの特徴抽出に優れる「スパースモデリング技術」を利用した独自AIによってディープラーニングが抱える様々な課題を解決
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
7
メンバー
2

サービス紹介文

HACARUSのAIソリューションについて

■外観検査ソリューション

既存のAVI/AOIシステムを補完するAIベースの外観検査ソリューションです。少量の教師データまたは教師データなしの環境での機械学習をサポートします。二次検査にかかるコストや人件費を大幅に削減します。ソリューションは以下の形式で利用可能です。

・PCにインストール可能なパッケージ
・ウェブ経由でのクラウドサービス
・ボックスPCまたは産業用PCへのプリインストール

https://hacarus.com/ja/visual-inspection/

■診断・治療支援AIソリューション

当社のアルゴリズムは、医学研究、医療分析、薬物研究に合わせて作られています。これらのユースケースに使用されるデータは、血圧、心拍数、活動レベルなどの基本的な健康パラメータから、CTの脳スキャン画像まで多種多様です。

スパースモデリング技術により、低分解能の脳スキャンなど、少量のデータから結果を抽出することができます。

https://hacarus.com/ja/products-services/solutions-for-the-medical-field/

■エッジ学習が可能な FPGA 向け AI ソリューション

クラウドに接続せずオフラインで動作するAI ソリューションです。一般的なディープラーニングとは異なり、エッジ側で学習も推論も実行することができる点が特徴です。これにより、セットアップやメンテナンスを簡略化することが可能です。現在は画像解析をターゲットとした機能を提供しています。

https://hacarus.com/ja/hacarus-x-edge/

なぜやっているのか

Noimage

現在、AIの主流技術となっているディープラーニングは、学習に大量のデータが必要であり、AIの意思決定の過程がブラックボックス化されてしまうという課題を抱えています。また、学習フェーズにおいて大量の計算資源が必要になることから、エッジ側での学習が難しいという課題もあります。ハカルスは、このようなディープラーニングが抱える課題を、独自のAIによって解決を試みています。

投資家

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。