電子・電気製品の研究・開発
人感センサーとは次元の違う、初の節電特許。CO2削減。特許第5876613号。関連特許出願中4件。 スイッチを使用した設備を完全にコントロールできる革命的な技術で、IOTにも必須
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

957f4508 2694 4c38 a6e5 d6b225a2a7ff
  • Thumb 957f4508 2694 4c38 a6e5 d6b225a2a7ff
人感センサーとは次元の違う、節電を初めて可能にした特許。(特許第5876613号)

人感センサーでは不可能な事を、特に複数のスイッチを使用してる照明や換気扇の設備に置いては、本特許が"初めて"節電を可能にした。
この技術は前記に関わらず、IOTには弊社のこのコントロール特許が不可欠でもある。
★そもそも、照明や換気扇は一時的に使うものが多いのに、連続動作のスイッチが使われてる現状。また、市販されてる物は「遅れ停止」のみであり、それでは役に立たない。AIも利用する。
その他、トイレや浴室の照明と換気扇の完全自動化も可能にした。
弊社は、画期的で世の中に必要とされるものを研究・開発する会社です。商標登録[おまか節電]「どこでもスイッチ」、関連の特許出願中4件。
https://youtu.be/h64FZS6qYNQ スマート・スイッチ(5:17
https://youtu.be/3uH3ZChdBm8 今までのスイッチ(1:45)
その他、AI光センサー・・・人の目のような判断が可能。

なぜやっているのか

Noimage

画期的で本当に必要とされる製品を世の中に。【快適・便利・節電】を簡単に
世は旧態依然、例えば、トイレや浴室の照明と換気扇は完璧な全自動コントロールが可能・・人感センサーでは無理

当社のAI光センサーは人の目のような判断をする。

また、現状では不可能な3路スイッチ回路(スイッチを複数使ってる階段や廊下等)の節電を初めて可能にした。
更に、スイッチが1つの普通の設備にも同様。

どうやっているのか

Noimage

会社の体裁は二の次で、長いエンジニア経験とIQで、協力会社やクラウドも利用。
製造部長や取締役技術部長として全ての製品を設計、また社内の生産管理や外注の生産管理、資材調達も経験。
未解決品の担当に置いては品質保証課の指導、特に海外では中国工場の品質保証課の指導を。私自身の名前で大手の顧客に解析報告書を出す事や、他の工場の解析報告書でも私の名前で出す事もありました。

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)
  • 取材してほしい

創業者

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。