在宅や施設でのリハビリテーション環境・機器の企画開発
動きたくなるからだ作り---あるくらぼ歩行研究所
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

あるくらぼ歩行研究所主催トレーニングデザイナーいしやませつこ

理学療法士・個人トレーナーとして活動する傍ら、認知症や脳卒中に対するリハビリツールの企画開発をしています。
知識や日ごろの活動からの気づきを世の中に役立てようと、デザインでの社会問題解決を目標に日々取り組んでおり、医療関係者と接触の少ない企業・団体への情報提供など勉強会も実施しています。
現在リハビリは高齢者を中心に月間200名以上に対応、高齢者事情や介護現場事情に長けています。
トレーニングデザイナーとしては個人トレーニング以外にも、医療介護職や一般企業・市民へのからだ作りセミナーも随時開催しています。

結局医療・介護現場で実際には使えない・使いにくい機器ばかり開発されているのは忙しさにかまけて医療関係者が出ていかないからだ!と色々なところに出入りしています。
大がかりな機器だけでなく、施設や在宅でも使えるリハビリ道具や筋力トレーニングメソッドの企画開発もあり、最近は大阪工業大学のロボットの先生と交流ができ新たな展開も始動中です。
『叩けよさらば開かれん』の気持ちでくじけず挑戦の日々です。

なぜやっているのか

Noimage

自身の交通事故後遺症、難病の父・脳卒中の母の介護を経験し、会社員から理学療法士になりました。闘病中・介護中に直面した数々の問題点はいまだ解決されることなく存在しているモノがほとんどです。医療関係者としての立場や知見を利用して、患者・職員・家族のだれもの心の負担を少しでも減らせるお役立ちを提供しようと活動しています。

どうやっているのか

Noimage

普段の活動での気づきをもとに、デザインでその問題を解決しようと日々闘っています。
もう専門分野ごとのエリアは相当耕されていると思いますが、専門分野と専門分野をまたぐ問題はまだまだ手付かずのように思えます。医療・介護・福祉など健康寿命を延ばす・延ばしたい人々とIOTなどの技術を繋ぐことができれば解決できることが飛躍的に増えると考えているので、色々なジャンルの分野の方々に勉強させていただいています。

こんなサポーターを求めています

  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)
  • 取材してほしい
  • 創業メンバーを探したい

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。