FaceHub
1クリックでビデオチャット!
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
19
メンバー
4

ニュース

2017.01.23
PRESS
0b7f3600 8df8 4c92 9cb5 f768942b34a5

在宅(クラウド)ワークでインバウンドの課題を解決 「クラウド通訳」の有料トライアル実施について

FacePeer株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:多田英彦、以下:FacePeer)は、株式会社ケイ・オプティコム(大阪市北区 代表取締役社長:藤野隆雄、以下「ケイ・オプティコム」)と、株式会社うるるBPO(東京都中央区 代表取締役社長:桶山雄平、以下「うるるBPO」)と連携し、FacePeerが提供するビデオチャットプラットフォーム「FaceHub(フェイスハブ)」を活用した、映像通訳サービス「クラウド通訳」を開発し、2017年1月23日(月)よりケイ・オプティコムから有料のトライアルサービスとして開始することといたしました。

■サービス開始の背景
2016年の訪日外国人数は、約2,403万人※1を突破いたしました。海外から多くの観光客が来日している中、店舗側も観光客側も「言葉が通じないこと」に不便さを感じています。また、小売店舗などにとっては、インバウンド観光客対応のための一般的な通訳サービスの導入は費用面でのハードルが高く導入できないという課題があります。
一方で、人口が減少し今後ますます雇用確保が求められる中で、長時間拘束される働き方は子育て世代などでは選択が困難なことも社会的な課題となっております。
「クラウド通訳」では、新しい働き方として注目されるクラウドソーシングを活用し、専用のコールセンターをもたずインターネット上でサービスを提供することで、安価な通訳サービスを実現します。これにより、インバウンド対応の環境整備と在宅での就労機会創出の両面から地域社会に貢献にしてまいります。
本有料トライアルにて、対応言語や通訳受付時間などお客さまのニーズにお応えすることで、本格サービスへとつなげていきたいと考えております。
※1:出所:日本政府観光局(JNTO)「平成28年 訪日外客数」(2016.1~2016.12末)

■有料トライアル概要
・名称:クラウド通訳
・期間:2017年1月23日から受付開始
・対象:法人向けサービス(BtoB)
・対象地域:日本全国
・通訳受付時間:9:00~21:00
・対応言語:英語・中国語(北京語)・韓国語
・初期費用:10,000円(1~10IDまで)
 ※11台目以降10台ごとに初期費用が追加となります。
・料金プラン:
 (1)60分プラン:5,000円/月
 (2)使い放題プラン:12,000円/月
・端末レンタル費用:1,000円/台・月

2016年4月に、FacePeer、ケイ・オプティコム、うるるの3社にて連携し、城崎温泉(兵庫県豊岡市)で本サービスの無料トライアルを実施いたしました。城崎温泉の外湯、お土産店や飲食店などの協力によりクラウド通訳の検証を実施し、大変ご好評をいただきました。また、2016年10月には、海外からの参加者が年々増加している大阪マラソンにおいて試験運用を実施し、海外からの参加者に体感していただきました。

これら2回の無料トライアルの評価・反省を踏まえ、ケイ・オプティコムから有料トライアルとしてサービス提供を開始いたします。有料トライアルに向けた試験導入として、株式会社パルコ様にて「クラウド通訳」を運用いたします。株式会社パルコ様の中でも、外国人旅行者比率が最も高いPARCO札幌のインフォメーションデスクおよびテナント店舗にて、1月27日(金)より運用を開始いたします。

本サービスは、3社の連携により、その場に通訳者がいるようなスムーズな通訳が可能となりました。無料トライアル時には英語のみの対応でしたが、本サービスでは英語・中国語・韓国語の3カ国語に対応することで、より多くの外国人観光客に対し柔軟な対応を実現しております。