FaceHub
もうSkypeなんていらない。Webブラウザだけで誰でも簡単に対面(Face to Face)コミュニケーションできる世界を実現します!
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
17
メンバー
4

ニュース

2016.06.22
PRESS
F16c1094 bace 4b9b 865c f4512f139114

WebRTCを使ったプラットフォーム「FaceHub」が 医療通訳士による遠隔医療通訳サービス「Medi-Call」を展開中の 株式会社日本医療通訳サービスに採用されました。

FacePeer株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:多田英彦、以下「FacePeer」)が提供するWeb上での動画コミュニケーションプラットフォーム『FaceHub』が、株式会社日本医療通訳サービス[株式会社ドリームキヤッチャー100%出資子会社](本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:大倉輝久、以下「JMIS」)の遠隔医療通訳サービス「Medi-Call」に採用されました。

JMISは、国内で医療を求める外国人と応対者のコミュニケーションの架け橋となる、医療通訳士による遠隔医療通訳サービス「Medi-Call」を提供しております。
経済産業省が管轄する産業競争力強化法に基づくグレーゾーン解消制度を活用した、適法なサービスフローで、事前登録いただければ、いつでも・どこでも・簡単にサービスをご利用いただけます。
「Medi-Call」は医療機関様では勿論のこと、宿泊施設や観光施設、交通機関など外国人との接点が多い事業会社様においても、病気や怪我等で利用者様から医療を求められた際にご利用いただける、汎用性・柔軟性を追求した端末・ブラウザフリー型サービスです。

FacePeerは「誰もが安心できるFace to Faceのコミュニケーションをもっと手軽に」というミッションを掲げ、WebRTCを使ったB2C特化型動画コミュニケーションプラットフォーム『FaceHub』を開発・提供しています。
『FaceHub』は、インストール不要・アカウント不要で動画チャット接続が可能なため、友達同士ではないビジネス上のやり取りに非常に適したサービスです。
その他にも、「1対n、n対n通信」「動画自動録画」「会話内容の自動文書化」「画面共有」等、事業会社様をサポートする様々な機能を備えています。
現在、遠隔医療、Web通訳、動画接客、Web接客、自動車関連や格安SIM(MVNO)といった商品を取り扱うEC、人材紹介・人材派遣等のWeb面談、生命保険・損害保険といった対面による説明が必要な契約、eラーニング、インサイド・アウトサイド営業等のサービスを提供する企業様から様々なお問い合わせをいただいており、更なる機能拡充を進めております

『FaceHub』にご興味のある企業様は、下記よりお問い合わせください。
※現在、社数限定で無料デモ提供サービスを実施しております。
<お問い合わせ先>
FacePeer株式会社
Tel : 03-6432-9020
Mail : info@facepeer.jp