スノーボードスクールStep7
山を愛し、長くスノーボードを続けていく仲間のライフスタイルコミュニティー
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
3
メンバー
1

サービス内容

93c118f4 525a 427e b2a6 4c010319edb4 6c304ede 8ee0 49df 8a5c 2c523220ac4e 860eef34 a5d6 49c1 b142 02e2cfa383be 1578b84a 5b70 4cd5 bef6 e3cc1d0a9aab E1271ce3 eb4d 451e b19c 738d2dc2757e
  • Thumb 93c118f4 525a 427e b2a6 4c010319edb4
  • Thumb 6c304ede 8ee0 49df 8a5c 2c523220ac4e
  • Thumb 860eef34 a5d6 49c1 b142 02e2cfa383be
  • Thumb 1578b84a 5b70 4cd5 bef6 e3cc1d0a9aab
  • Thumb e1271ce3 eb4d 451e b19c 738d2dc2757e
スノーボードスクールSTEP7

日本初!7段階ステップアップのスノーボードスクールStep7ホームページ

なぜやっているのか

Noimage 453ee38e793526a1829c47d79e6f781e59b52c2357d3e4932cae4b4557608ac9

それまでのフリースタイルにはカリキュラムというものが存在していなかったため、コーチが変わるごとに指導内容に違いが生まれ、生徒は混乱し、上達の妨げとなっていました。
この現状を変えるべく、技術に一定の定義をもつカリキュラムを制作し、コーチ脳を統一することで、生徒を混乱させずに上達へ導けると考えました。

どうやっているのか

Noimage 453ee38e793526a1829c47d79e6f781e59b52c2357d3e4932cae4b4557608ac9

スノーボーディングの技術要素を「BASIC(ベーシック)」、「JIB(ジブ)」、「JUMP(ジャンプ)」、「HALF PIPE(ハーフパイプ)」、「MOUNTAIN(マウンテン)」の5つのカテゴリーに分類し、7つのSTEP(段階)を設けてありますので自分の成長段階を確認しながら進むことができます。

今やっていること

83ef6446 98fa 4e5d ba94 f6c9da89f3e8
仲間ができる

生徒さんとコーチはもとより、生徒さん同士のコミュニケーションも活発です。レッスンの時間だけでなく、レッスン後のディスカッションや、ツアーでの親睦会で仲間との深い絆を作ることができます。スクールのWebサイトにて専用のSNS(コミュニケーション・ツール)を利用できるため、いつでも仲間達やコーチとコミュニケーションをとることができます。

男性 女性
997050c8 c0e5 4b7a ade8 5f5788e669ae
自分らしい滑りを目指す

全員が同じ理想の滑りを目指すのではなく、個人の体格、筋力、動きのクセを分析しながら、その方が最も輝ける滑り方に導いていきます。あなたの理想や目標も、どんどんコーチにぶつけてみてください。

男性 女性
Cafc8e12 9a18 4a18 8e64 1db042d4aef9
コーチングのプロを養成

充実したコーチの研修カリキュラムにより、担当するすべてのコーチはコーチングのプロとしてレッスンを行っています。
スノーボードの技術だけでなく、一人ひとりの生徒さんに向き合い、その方に最も適したレッスン内容を組み立てながらレッスンを進める技術を有しています。

男性 女性
B0eb9ba8 268e 4196 b90f 73cea49e0142
Webカルテで管理

生徒さんの受講記録を、「STEP7カリキュラム」に準拠したWeb上のカルテで管理します。
コーチは、レッスン後にコーチングの内容や課題、注意事項等をカルテに記入します。前回とコーチが変わっても、過去のレッスン内容がカルテにより引き継がれるので継続性のあるレッスンを受けることができます。

男性 女性
E03a3a82 58b6 4072 a30b 0f4ae55621b7
通年型のスクール

オフシーズンも、室内ゲレンデやトランポリン、エアマット、ウォータージャンプ、海外ツアー等、年間を通してレッスンを開講しています。
冬の間に一生懸命練習してレベルアップしても、翌シーズンは感覚を忘れてしまって、なかなか上達できないという方が多いと思います。オフシーズンを作らないことで、毎年確実に上達して、スノーボードの終わりなき楽しさを知ることができます。

男性 女性

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)
  • スタッフ探し
  • 取材してほしい

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。