Watanabe Taichi

所属スタートアップ

マイクロ保険開発と途上国発リバースイノベーション創発

マイクロファイナンス機関との連携によるマイクロ保険事業の開発、並びに途上国向け事業開発支援と途上国事業の知見を活かした国内事業の創発

実績

15年間に亘り保険会社、銀行において経営企画、海外戦略に従事。調査(政府税調、自民党税調折衝、国税庁対応、生命保険協会事務局)、取締役会・株主総会事務局、社外取締役対応、リスク管理、法務コンプライアンス、経営計画策定・管理、営業計画策定・管理、(クラウド)システム化計画などを経験、2012年より5年間富国生命にて海外戦略を統括。
明治安田生命での支払漏れ点検マニュアル作成、新銀行東京での会社法対応に係る定款等関連規程改定、アジクル社設立のきっかけとなったバングラデシュでの調査事業などをほぼ一人で実施するなど、わずかな人数でのプロジェクト遂行を数多く経験してきています。

経歴

2016年
-
現在
株主会社アジクル

バングラデシュ事業上で関係構築した現地パートナーの現地財閥UGIグループ、現地マイクロファイナンス機関ANTAR Society for Developmentとの提携の下で同社設立。
2018年 第1回日経ソーシャルビジネスコンテストのファイナリスト。
2020年 国際協力機構(JICA)中小企業・SDGsビジネス支援事業 案件化調査(中小企業支援型)採択。
「途上国発イノベーション」枠、かつ「アフリカ課題提示型」枠の双方での採択は当社のみ。

2012年
-
2017年
富国生命保険

総合企画室において海外戦略を主導、インドネシア、インド、フィリピン、バングラデシュ、ネパール等でマイクロファイナンス、マイクロ保険他現地保険事業、海外研修企画を実施。
2013年 JICA民間連携事業 協力準備調査(BOPビジネス連携促進)にバングラデシュのマイクロ保険事業が採択。
開発課題を「社会保障」とした初の事例、かつ保険事業として初の事例となる。統括として同事業をほぼ一人で主導。
2014年 現地で業界8位のマイクロファイナンス機関UDDIPAN(会員数約20万人)との業務提携を実現
2015-6年 UDDIPANとの協同試験販売において3,200件の新規契約(対象約8,000名のうち40%の加入率)を達成
2017年 JICA宛調査報告書「バングラデシュ国 マイクロ保険事業の展開に係る事業準備調査 報告書」 提出。
2012-16年 フィリピン最大手のマイクロファイナンス機関CARD MRI(会員数約400万人)へのマイクロファイナンス・マイクロ保険研修を企画、海外研修生を毎年派遣するとともにコーディネータとして毎年参加。

2007年
-
2012年
フコクしんらい生命保険

新会社準備委員として企画担当、開業時のコンプライアンス・リスク統轄部の調査役を経て、4年間経営企画部企画Gの調査役。株主総会・取締役会運営、組織体制整備、2010年金融検査対応、2011年東日本大震災対応に従事。

2006年
-
2007年
新銀行東京

企画部において委員会設置会社の株主総会、取締役会事務局、規程統括を担当。
2006年会社法施行対応において定款その他関連9規程の改定を一人で対応。
社長秘書役として毎月の取締役会時において7名の社外取締役との折衝を対応。

2004年
-
2006年
明治安田生命保険

2004-5年 企画部調査Gにおいて生命保険協会事務局(税制担当)。税制改正要望に係る国会議員/政府税調向けロビー活動に従事。
2005年公表 2006年度生命保険協会税制改正要望書
2008年公表 長期傷害保険(終身)に係る国税庁文書応答事例に係る調整を対応。
保険金支払漏れ対応の企画も担当。保険金等支払漏れ点検表を作成、同表は金融庁へ提出され全生保に対する保険金等支払漏れ点検に係る行政命令の際の点検表の業界標準として全生保へ配布される。

2002年
-
2003年
安田生命保険相互会社(現・明治安田生命)

新都心支社(現・新宿支社)営業事務として配属。
同社で全国No.1,2,3,7の優績営業職員4名だけで構成された営業所“法人部"において、中堅中小企業向け事業保険の提案企画、提案書作成、新契約事務対応を担当。
2003年7月には、“法人部”の挙績契約・保険契約高約65億円・契約件数約500件・企業数約20社分に対して、成立率100%を達成。

スタートアップとの関わり方

  • 投資先を探している
  • 自分の実績・経験、人脈でスタートアップを成長させたい
  • 新規事業・企業のリソースをスタートアップに使わせたい

メッセージを送る