向縄 嘉律哉

所属スタートアップ

bitgrit

AIの価値をブロックチェーンによって民主化する

3Cloud

分散型ネットワークを用いた実名性SNSによってデータの主権を個人に返す

実績

長岡技術科学大学院卒業後、2010年にキヤノン株式会社に入社し、特許を扱う知的財産法務本部に勤務。発明の支援から会社全体の特許戦略、研修の作成まで幅広く経験した。同社退職後、2017年11月に株式会社bitgritを創業。 知的財産権の知識をベースに、AI、ブロックチェーン、データ管理について新しい仕組みを提案している。bitgrit創業時に自ら30カ国以上に赴いて現地のスタートアップと交流し、つながりを持つ。bitgrit社内には世界中からエンジニアを広く採用し、日本、インド、エストニアに拠点を展開。海外進出に対する地政学的要素、法的、税制面など多方面での知見を得て、事業拡張に活用している。アジア全体に進出した経験から海外とのつながりも強い。特にインドを中心としたアジア地域においては25,000人を超えるデータサイエンティストコミュニティを構築し、エンジニアの努力が報われる、新しい働き方を広めている。DataGatewayにおいては企業のデータ活用を次のステージに進めるべく、データ管理・活用のサービスを行うと共に、クラスタコンピューティングによる次世代インフラストラクチャを開発している。

経歴

2010年
-
2016年
キヤノン株式会社

知的財産法務本部

スタートアップとの関わり方

  • 新規事業・企業のリソースをスタートアップに使わせたい

メッセージを送る