スタートアップ共創

  • twitterのロゴ
  • lineのロゴ

この記事をシェア

スタートアップ共創とは、事業会社や自治体などがスタートアップと「共に」新しい事業やサービスを「創る」ことを指しています。
一般的な共創は、自社内・社外問わず様々な立場の人と「共」に「創る」ことを指しています。

スタートアップ共創の大きな特徴として、以下が挙げられます。

  • 事業会社が自社のみでは思いつかない新規事業の種を生み出すことや「企業風土の変革」、社内の人材がイノベーター人材として成長すること
  • スタートアップが事業会社のリソースの活用や資金面でのサポートなどにより成長すること

事業会社が保有するリソースやアセットと、スタートアップが持つ人材やノウハウを持ち寄って新たな価値提供を創っていくことで共創が生まれます。

Crewwが提供するアクセラレータープログラムは、スタートアップの持つ全く新しいアイデアや斬新なノウハウの双方を活用して、新たなビジネスやサービスの共創を目指すものです。

  • twitterのロゴ
  • lineのロゴ

この記事をシェア

基礎知識

オープンイノベーションの基礎知識

アクセラレータープログラムの基礎知識

スタートアップの基礎知識

イノベーションの関連知識