SHORT SHORTS
米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」の運営、およびショートフィルムの製作、調達、配給事業を行っています。
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
2

サービス紹介文

  • Thumb 2a76c88b 7c0c 497f aa9f ed45acdb002b
Shorts Shortsについて

【会社紹介】
25分間以内のショートフィルムを対象とする「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」の運営をしています。1999年に原宿・表参道でスタートして以来、アジア最大級、日本で唯一の米国アカデミー賞公認短編映画祭へと成長し、のべ32万人以上を動員して参りました。

またショートフィルムの調達/配給および自社製作も行っており、ビデオンデマンドサービスへのコンテンツ配信や、企業のマーケティングツールとしてもショートフィルムを普及促進しております。

【自社の強み】
■調達:毎年100ヶ国以上から約9,000作品の応募がある国際短編映画祭の開催により、世界中から優れたショートフィルムの日本配信権をいち早く獲得することができます。

■製作:通算4万人を超える映画祭応募監督とのネットワークにより、製作作品に最適な監督をアサインし、質の高いオリジナルショートフィルムの製作を行えます。

■PR:毎年大勢のメディアが集まる映画祭で製作発表を行い、多数のPR露出を実現致します(SSFF & ASIA 2016実績:掲載数3,454媒体、広告換算額56億7,519万円)。

■ノウハウ:数多くの民間企業や行政団体とのプロジェクト実施経験があり、ショートフィルム製作、国際映画祭での完成発表、ウェブでの告知展開までをワンストップでご提供できます。

【プロジェクト実施例】
■ネスレアミューズ
ネスレ日本が手がけるエンターテイメントサイト「ネスレアミューズ」内にて、現在「世界のショートフィルム★名作セレクション」として、世界中から厳選したショートフィルムを毎週 1 作品ずつ無料公開中。これまでにもネスレとShortShortsは「ネスレアミューズ映画祭」「恋するShortShorts」「オウチ映画館」などさまざまな企画でコラボレーションを重ねています
http://cinema.pia.co.jp/feature/nestlecinema/
http://nestle.jp/entertain/nestle_theater/

■dTV
未体験のドキドキに出会える、動画・映像配信サービス「dTV」にて現在、1000作品を超えるショートフィルムを配信中。通勤や通学の移動時間に、自宅やカフェのちょっとしたスキマ時間に、ダウンロードしておけば途中でとめても続きから見られるのでとっても便利。
http://pc.video.dmkt-sp.jp/genre/genre-list/id/104

■Antenna
キュレーションマガジンAntenna[アンテナ]との取組で2015年4月からショートフィルムの全編無料配信を実施。 「インターネットの普及によって、玉石混淆の情報が飛び交う時代だからこそ、信頼のおける良質なコンテンツを届けたい」そんな思いを元に、毎週作品をお届けいたします。
https://business.antenna.jp/files/20150529_gliderassociates_press.pdf
https://antenna.jp/post/1665/

■ブリリア ショートショート シアター
横浜みなとみらいにある、常設のショートフィルム専門映画館「ブリリア ショートショート シアター」世界中から集まった選りすぐりの作品を1プログラム60分の中で4~6本上映。館内はレッドカーペットをモチーフに赤を基調とした内観で、カフェではドリンクやフードも充実し、オペラ座でも使われているフランスキネット社の椅子がゆったりと心地よい映像の世界へ。
http://www.brillia-sst.jp/

■SHIBUYA STREET CINEMA 2200 by ShortShorts
22時。渋谷の路上が映画館になる。
毎日22時、渋谷・公園通り入口の大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」にて世界のショートフィルムを上映しております。1日の締めくくりに、渋谷の路上でショートフィルムを見てリフレッシュ。
http://shortshorts.org/shibuyast2200/

【代表 別所哲也インタビュー】
2015年9月号 宣伝会議 「スマホ時代の映像コンテンツの可能性を広げたい」
http://mag.sendenkaigi.com/senden/201509/smartphon-branding/006034.php

なぜやっているのか

Noimage

代表の別所が1997年にロサンゼルスを訪れた際、ショートフィルムの試写会に訪れたのがきっかけで事業をスタートしました。ショートフィルムのあまりの面白さ、凝縮されたエンターテイメント性に驚愕すると共に、インターネット上の映像メディアの中で主軸を担うものになると実感し、その2年後には自ら国際短編映画祭を主催するに至りました。近年動画市場の拡大により、ショートフィルム調達、配給、製作事業が伸びています。

こんなサポーターを求めています

  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • スタッフ探し
  • 取材してほしい

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。