インバウンド支援サービス
消費意欲がなくなり続けている日本に、豊かさを求めて消費旺盛なアジアの力を
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

Cf44eddf a20a 40b3 9174 930d0aa26d31 C9b39f81 30ef 46ea a700 487759d81ae4 D568bbf2 8c1a 4c5f a289 54219a8a8a3c Ca39dec0 9933 4add b89e 4187c5d20193 12450b22 becd 41f8 b9f9 19f19b2184cb
  • Thumb cf44eddf a20a 40b3 9174 930d0aa26d31
  • Thumb c9b39f81 30ef 46ea a700 487759d81ae4
  • Thumb d568bbf2 8c1a 4c5f a289 54219a8a8a3c
  • Thumb ca39dec0 9933 4add b89e 4187c5d20193
  • Thumb 12450b22 becd 41f8 b9f9 19f19b2184cb
インバウンドビジネスを成長市場に

人口が減少し続ける日本と、増加し続けるアジア。
消費意欲がなくなり続ける日本と、豊かさを求めて消費旺盛なアジア。

インバウンドビジネスとは、
豊かさを求めた消費旺盛なアジアに日本を巻きこむ
このアジアにおける巨大な動態変化に沿った変革なのです。

例えば、アジアで必要とされているモノ。
それは、日本ではごくありふれている
普通のサービス、量販品(日用品・食品)です。

その豊かさを求めた旺盛な消費は、日本の常識外です。
例えば、日本の日用品・食料品のニーズは、
20FT/40FTコンテナ(約1000箱)単位です。
この単位で弊社は注文を取り、販売しています。

この日本の店頭から消えてしまった紙おむつに限らず、
いま世界での高所得化、ベビーブーム/健康志向にのり
日本ではごくありふれているモノ、サービスこそが
本当に必要とされています。

アジアでは、この日本では普通のサービスは、
あこがれ、そのものなのです。

なぜやっているのか

Noimage

元々はスマートフォンアプリのマルチサイト開発としてスタートしました。
しかしクライアントが 訪日観光サービスをしている企業であったので、訪日観光客に接するようになりました。
そのサービスの一環としてサービス内容の一部(日本の商品・サービス紹介)が大きくなって
日本の日用品をコンテナで、アジア圏に紹介・販売するようになりました。

こんなサポーターを求めています

  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)

創業者

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。