在留カードチェックアプリ/外国人就労管理プラットフォーム「CWORK」
263.7万枚配布されている「在留ICカード」とスマホを活用し、NFC技術に対応したアプリケーションを用いて、 採用時の業務負荷を軽減する事と同時に、海外人材が働きやすい、ダイバーシティな雇用環境をサービス提供し、日本経済が再び成長する世界を実現する。
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

3082751d bc78 43d4 854d 780e96bfd235 2ae442cd d891 41a1 8562 8ee51fecac13 Ecf89568 f56f 4b9e 9699 1cdd67b4dc55
  • Thumb 3082751d bc78 43d4 854d 780e96bfd235
  • Thumb 2ae442cd d891 41a1 8562 8ee51fecac13
  • Thumb ecf89568 f56f 4b9e 9699 1cdd67b4dc55
UDトーク(ユーディートーク)について

「CWORK」は、NFC技術を活用したアプリ・プラットフォームです。メインは、263.7万枚配布されている「在留ICカード」とスマホを活用し、NFC技術による本人認証の厳格化(コンプライアンス強化)と、採用時の業務負荷を軽減(手続き帳票の電子化)する事を目的としています。将来的には、海外人材が働きやすい、ダイバーシティな雇用環境をサービス提供し、日本経済が再び成長する世界を目指しています。
また、対応範囲を日本人にも拡げて、マイナンバー/免許証のNFC読取りにも、今後、対応予定です。

なぜやっているのか

4a7db4cf 93d9 4680 92a0 55c2f05d0e5c

企画の目的
国内の求人状況は、少子化や高齢化傾向の中で「採用難」が続いており、飲食業やコンビニ、などは、大手企業/チェーン店でも深刻化しており、デフレも相まって、逼迫した状況です。直近での解決策としては、国も推奨する「外国人労働力の受入れ」ですが、残念ながら、雇用主/被雇用者(外国人)にとっても、良い環境とは言い難い状況です。
これらの課題を解決するため、CWORK(外国人就労管理プラットフォーム)は、開発されました。

解決方法
263.7万枚配布されている「在留ICカード」と、スマートフォンに内蔵されたNFC技術に対応したアプリケーションを用いて、在留ICカードを所持する正規の外国人が求人募集に来る際、
・在留ICカードが本物かどうかの正誤チェック
・本人確認書類(在留ICカード)管理の効率化
・ICチップ情報の有効活用
をアプリを用いて、不正労働を未然に防ぎます。また、登録データはクラウド上で管理し、雇用主/被雇用者の双方が信頼できるデータ/雇用環境を整備し、海外人材が働きやすい、ダイバーシティな雇用環境をサービス提供し、日本経済が再び成長する世界を実現したいと考えています。

どうやっているのか

2546ed5a 38a3 4d7d a21c f662fdcb1798

在留カードチェックアプリ/外国人就労管理プラットフォーム「CWORK」を自社で開発し、国内の採用時の業務負荷を軽減する事と同時に、海外人材が働きやすい、ダイバーシティな雇用環境をサービス提供し、日本経済が再び成長する世界を実現したいと考えています。

こんなサポーターを求めています

  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。