CADデータをVR/ARデータに変換するサービス
豊かな未来社会を ​デザインする。Design Thinking
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

CADデータをVR/ARデータに変換するサービス

機械系CADデータ(CATIA/Pro-E/IGES)などのデータを、効率よくVR/ARに変換するプラットフォームサービスです。
弊社代表を始めとするスタッフ陣は過去実績として、大手自動車メーカーの高度運転支援システム(自動運転の前身)を、VR(オキュラスリフト)で擬似的に体感するコンテンツをニューヨークオートショーやフランクフルトモーターショーで展示した経歴があります。
また、弊社スタッフにはCADデータをCGデータ(主にMaya)に変換し、カタログやCG映像などへの橋渡しとして長年実績した経緯のベテランも在籍しています。
私自身も、過去実績として、約20年以上、アフターサービスの修理書や新型車解説書などの編集部門の担当実績ならびにマネージャー業務まで携わって来ましたので、自動車の基本的な知識はもちろんCADデータやCGデータを長年取り扱ってきました。

なぜやっているのか

Noimage

今後、ますまずアフターサービスを始め、カーデザインや設計エンジニア、そして販売の現場でのマーケティングツールなど、多岐に渡る形で、VR/ARデータの汎用データの必要性が高まっていると考えています。
弊社代表ならびにスタッフ陣営の実績経験と経緯から、このサービスを生かしたいと考えております。

どうやっているのか

Noimage

どのような種別のデータなのか事前に検証するため、まずCADデータ(CATIA/IGESファイル)を支給して頂きます。
最終的な成果物(アウトプット)について活用方法やターゲットや最終的に使用されるデバイス等も同時にヒアリングさせて頂きます。
例えばオキュラスリフトなのか360度VR動画なのか、などです。
その上で、VRデータ/ARデータのどちらが望ましいのか、弊社からもご提案させて頂きます。

創業者

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。