ブロックチェーンエコノミー
豊かな未来社会を ​デザインする。Design Thinking
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

ブロックチェーン技術を活用したマーケティング・デジタル広告・消費行動のイノベーション

ブロックチェーン技術を活用した「マーケティング分野」「企業価値の創造」など、4つのビジネスモデルをプロジェクト化します。。

はじめに、ブロックチェーンは、ビットコインのような仮想通貨を支える基盤技術であり、基本的には分散型のネットワーク内で機能する、膨大な数のエクセルファイルのようなデータ。
ブロックチェーンは、本質的には膨大な取引台帳であり、分散型ネットワークの形式で運営されるオープンな共有データベースであり、セキュリティを妥協せずに、膨大な情報の送信や追加を可能にします。
結果、高いセキュリティを保ちながら情報を大量に送信したり付け加えたりできることを意味しています。
また、イーサリウムはビットコインと違って通貨をやり取りするだけではなく、様々なプログラムを動かすことができます。
このプログラムのことをスマートコントラクトと呼びます。
弊社は、高騰・乱降下が著しい投資目的が主なビットコインではなく、イーサリウムを軸に、その特性を活かし、金融分野だけではなく、先のような分野に活かします。

※昨今、本国P&Gのブランド最高責任者が世界に向けて「不正な広告を一掃する」と宣言。
アメリカのインタラクティブ広告業界団体、IAB(The Interactive Advertising Bureau)の毎年のリーダー定例会で、今後は第三者の検証機関と組み、透明性が保証できる取引しか行わないと断言した。

なぜやっているのか

Noimage

仮想通貨を前提とした、ブロックチェーンマーケティングの大きな可能性は計り知れず、例えば、インターネット広告における第3者の中抜きの透明性があげられます。
現状のインターネット広告やデジタル広告は、膨大な無駄があり、1米ドル使う毎にその平均44%が中間業者に渡っていることが判っており、ブロックチェーン技術がマーケターや広告関係者にもたらし得る多大なメリットの両面を表しています。

どうやっているのか

Noimage

イーサリウム独自アルゴリズムEthashを迅速な開発スピードで独自言語のSolidityで記述された通貨情報以外のプログラムを実装し、商品・企業・消費者の情報を相互に結びつけ、下記4つのアプローチで実現
-広告配信の検証:デジタル広告の不正や中抜き防止
-模造品の撲滅:正規品の検証
-企業の社会的責任:リリース内容と現実活動の整合性
-消費者データの管理:プライバシーの多大なメリットを享受

創業者

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。