VACAN
IoT × AIの力で検知したあらゆる場所のリアルタイムの空き情報を集約し、「いま空いているか1秒でわかる、優しい世界をつくる」ことをミッションとしております。 レストラン・カフェやトイレ、ホテル・旅館、観光地、自治体、観光地など、日常から非日常までが対象。
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
9

サービス紹介文

Throne [スローン] | トイレ空席管理IoTサービスについて

『VACAN』は、AI×IoTによる混雑データを活用した、様々な機能を提供するリアルタイム空席情報配信プラットフォームです。

スマートフォンの地図上にお店や施設の「空き」「混雑」の情報をリアルタイム配信。ジャンル問わず、あらゆる場所でお使いいただけます。
また、可視化だけではなく、レストルームの密回避から、長時間利用の抑制、個室内への動画広告配信までを行うことによって、リアルな空間をメディア化していくことができます。

リアルな空間の情報を配信しながら、デジタル空間と繋いでいくことで、デジタル・トランスフォーメーションを推進します。

なぜやっているのか

たとえば、前から行きたかったレストランの近くを通ったとき。
たとえば、空港のセキュリティチェックを急いで通過しないといけないとき。
たとえば、時間がない中でトイレに行きたいとき。

そんなときに、混雑状況がすぐに分かるサービスがあると便利ではないでしょうか。私たちは、「行ってみたけど、ダメだった。。」という悲しみをなくすために、サービスを展開しています。

なぜこの事業を始めたのか――そこには、代表である河野が経験した、ひとつの原体験があります。

「子連れで外出したときのことです。外出先でレストランを探したのですが、どこも混雑していて、なかなかお店に入ることができなかったんです。どこに行っても満席で…。そうしているうちに子どもは泣き出してしまい、結局、もう帰ろうということになってしまいました。楽しいお出かけだったはずが、混雑のせいで残念な結果になってしまったのです」

こうした経験から、「ありとあらゆる空き情報を検知して、リアルタイムに表示する新しいサービスを作りたい」と強く思うようになりました。

どうやっているのか

世の中に新しい価値を創造し、一歩先の当たり前とワクワクを提供し続け、より良い社会を共に創ることをミッションとしています。

そして、ワクワクを大事にしてグローバルNo.1の「Vacant-First」サービスプロバイダーになることがビジョンです。

そのために、「前向きに」「誠実に」「理想論を」「社会起点で」を行動指針として掲げ、挑戦を続けていきます。

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。