バイタルバンド
IoMTセンサーで医療現場の課題解決に取り組む!
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
2

サービス紹介文

バイタルバンドについて

弊社はIoMT(Internet of Medical Things)センサーの開発を得意とするITベンダーです。世界的にもシリコンバレーをしのぐといわれている、中国の深センをはじめとした多数の海外企業を束ね、センサーや基盤などを製造委託したい企業へOEM供給を行っています。「深センサプライチェーン」をコントロールし、生産管理・品質管理を行うことにより、品質は高く、通常より安価での開発を実現します。現在、これらの製造基盤を用いて自社プロダクトとして、血糖値なども測定可能な次世代バイタルバンドの開発を行っています。
 弊社が開発しているバイタルバンドは、独自の光センサーにより、血中酸素飽和度の取得をはじめ、心電図やストレス度の測定など様々な体内データを取得することが可能です。
 また、光センサーのみで血糖値やグルコースを測定する仕組みを研究しており、この技術が完成すると、世界的にも珍しい血糖値等のデータが取得可能なバイタルバンドを開発中です。
現在、プロトタイプの検証中であり、医療機器認定を取得後、医療現場や介護現場などのヘルスケア分野において製品展開を行い、医療関係者や患者の日々の業務や作業などの負担軽減に貢献することを目指しております。

なぜやっているのか

Noimage

私は北海道夕張市出身で18歳まで夕張市で育ち、その後上京をしました。夕張市はご存知の通り、財政破綻をし、日本No1の高齢化もたらす絶望的な状況です。老老介護が多くあり、毎日重たい負担の中で生活をしています。そんな中で私ができることは何かを考えた結果行き着いたのが、最先端のIoT技術を駆使して、負担を軽減し、日々の暮らしを少しでも楽にできるのではないかと考えました。

どうやっているのか

Noimage

企業における使命。それはいかに社会に貢献をするか!だと考えています。我々の使命は今までにない付加価値を創造し、それが世の中の人の助けになること。つまり、世界中の人々を幸せにすることです。では我々はどのように今までにない付加価値を提供するのか?それは我々の強みであるIoT分野における世界一の基板構築技術を駆使し、今まで社会において可視化されていないデータを可視化することだと考えています。

こんなサポーターを求めています

  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。