picsee
プライベートなフォトメッセンジャー Picsee
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス内容

Ecd4b611 0d09 42eb 9e78 170e100a6a7f 2eb72a3b 32dc 492f 94fe a5618c9c9042 4079eb57 16ae 49eb 8d73 59f5bdd0b599 0f78c27e 3e34 4fba bcb0 f9234ae9781f E4b975b8 8edc 4809 bc4a 17d098fb871a
  • Thumb ecd4b611 0d09 42eb 9e78 170e100a6a7f
  • Thumb 2eb72a3b 32dc 492f 94fe a5618c9c9042
  • Thumb 4079eb57 16ae 49eb 8d73 59f5bdd0b599
  • Thumb 0f78c27e 3e34 4fba bcb0 f9234ae9781f
  • Thumb e4b975b8 8edc 4809 bc4a 17d098fb871a
プライベートなフォトメッセンジャー Picsee

「Picsee」(ピクシー)は、「写真を撮ってから共有する」というステップを無くすことで、「写真共有」ではなく「ビジュアルコミュニケーション」を提案するスマートフォン用アプリ(iOS + Android)です。

 Picseeの基本的なコンセプトは非常にシンプルです。それは「写真」ではなく「カメラロール」をプライベートでつながりのある人と共有するというものです。しかも共有のカメラロールは、相手やグループに応じて好きなだけ作ることができます。カメラロールを共有している人同士は、シャッターボタンを押すだけで瞬間的にお互いに写真が届けられるようになります。
 ディヴィデュアルでは、このとてもシンプルなアイデアに対して2年の時間をかけて、アプリを通して最も自然なコミュニケーションの形が現れるように、ゆっくりと丁寧に醸成させてきました。その開発と度重なるテストの過程でPicseeは当初のアイデアであった「写真を撮るだけで共有できる」ただ便利なアプリではなく、「写真を使ってビジュアルなコミュニケーションをする」、新しいライフスタイルを提案するアプリへと変貌を遂げました。
 なぜ「共有のステップ」をなくすことでビジュアル・コミュニケーションが生まれるのでしょうか。その理由は、「過去に撮られたたくさんの写真の中から選んで送る」というこれまでの写真共有の方法と、Picseeが提案する「いま自分が見ているものを撮って見せる」というスタイルの違いにあります。つまり、Picseeで写真を撮るということはそのまま、カメラロールを共有している相手に向けて「今自分が見ているものをあなた(たち)に見せたい」というメッセージを送ることになるのです。

メディア掲載事例(一部):
・WIRED.jp 「カメラロールを共有」するアプリ『Picsee』の可能性」
http://wired.jp/2014/12/24/picsee/

・THE BRIDGE: 目指したのは人間らしさの実装ーー開発に2年を要したビジュアルコミュニケーションアプリ「Picsee」
http://thebridge.jp/2015/01/picsee

・HRなびリクルート: まなざしを共有するアプリ「Picsee」は、言語先行のコミュニケーションのあり方を変容させるのか
http://hrnabi.com/2015/05/07/7183/

・リクルートホールディングス SPECIAL TALK SESSION: 【中編】対談:ドミニク・チェン×近藤玄大が語る、人間らしさとテクノロジー
http://www.recruit.jp/meet_recruit/2015/08/og07-2.html

こんなサポーターを求めています

  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。