越境EC &BCP & VR services
“コンテナ”による越境ECを可能にする総合決済環境を提供します。かつBCP(事業継続計画)にも転用することで多大な利益を出します。かつ”VRを通して、統合一元化するのでトレーニングは不要となります
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

  • Thumb 0928c412 6757 478f 9515 6ba487f410d5
  • Thumb c47083b1 2169 4e5a a536 b09c9163ffc1
  • Thumb f9cf549f 6a1c 4b0d bfa8 909268df1ce5
  • Thumb b6677778 6ad2 4ac7 bce0 5a7ec1948f7e
  • Thumb 28dee3c4 edf9 4abb 9452 a93cbda129fb
簡易な国際間 総合決済/EC サービス提供 を可能とするサービス

現在越境EC、具体的には訪日外国人観光客の購買需要などから、
アジア圏での商品/サービスのニーズ爆発点を予測・想定し、
ニーズ発生後、大規模小売業、といざらすと同じ規模で(一万個/1000箱単位)に販売して4年経ちます。

この経験を生かした、簡易な総合決済/金融/EC提供 を可能とするサービスを実施しています。
自身が欲しいモノやサービスの金額分(日本円(JPY))だけ入金するので、
国際間では実施する事が大変難しい与信が不要、となり、高額な国際送料を無料にします。
また、現在 1000箱(1万個/20FT/40FTHQ)単位で商品を動かしているので
この機能を“災害対策”BCP(事業継続計画)を可能にすることもできます。

さらに、+”先端技術”として、
・今後売れる商品/サービス/成長株等がデータから予測することができる
・ヒトの生産性をすぐに劇的に向上させる
・ディープラーニングによる成果をビジネスにすぐ活かす形で
利用できるようになる ことができます

例えば、複雑で専門的な知識が必要な物流を
だれにでも“感覚的に”VRを通して、トレーニングなしで統合一元化したり、
将来売れる商品をIOTに“聞くだけで”わかること
ができます。

なぜやっているのか

Bf9d74bc d09e 4327 99c9 fcbdf5452edf

現状、大規模小売業と同じ規模で、越境ECで販売しています。
このノウハウを転用すれば、BCPにも使えるからです。例えば、コンテナ単位在庫をBCPとして大規模自然災害が発生した場合も移送するだけでOKです。
かつこの大混乱するBCPにおける物流を、誰にでも同じ感覚で把握することで統合一元化する
VR技術/ノウハウ/現場感覚があります。

どうやっているのか

940fdeb5 fad7 4143 bd45 532740905404

"爆買い"に実際に立会い、その中で得たを経験を活かし
BCP(Business Continuity Plan)+インバンドの取り組みを実施します。

大規模な自然災害対応をメインとするBCPでは、必需品が大量に必要とされるなど、
インバウンドのおけるコンテナ単位販売と同じ対応が多くあります。

このインバウンド販売とBCPを組み合わせれば、全く新しい市場をつくることができます。

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)

創業者

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。