O CHER(オーカー)
コーヒーを嗜好品から健康志向品へ
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

  • 0
  • Thumb f30f3720 6338 461c 87c3 ba347f91043b
  • Thumb df72a4bd 401a 4288 b40c 93c99472b6e0
  • Thumb abae1a69 debf 4cf1 9a8c 46a5f95185e7
O CHERについて

コーヒー飲料の新たなカテゴリーとして。

オーカーとは、茶でいう緑茶とウーロン茶の中間に位置するようなイメージであります。
コーヒーは紅茶とイメージしてください。

コーヒー豆から出来るものは、なぜ焦げている前提なのか?

私たちは7年の研究で、コーヒーでは失われている様々な成分、焙煎によって生まれる化合物(アクリルアミド、HHQ)など。
焙煎という加工にフォーカスし、研究を重ねてきました。

コーヒー生豆が本来持つ豊富な健康成分に着目し、特別な焙煎で加工することによって、最大限に摂取を可能にしました。

茶葉では、緑茶、ウーロン茶、紅茶のように同じ茶葉でもそれぞれの加工プロセスによって明確に区分けされ認知されています。

コーヒーでは、浅煎り、中煎り、深煎りなどのように区分けはされていますが、そもそも焦げからのスタートです。  
焦げていない選択肢は無いのだろうか?

なぜ?から始まり 
お肉やお魚などは焦がせば体に悪影響などの懸念点があり避けられるのに、コーヒーは焦げていても他の製品とは逆説になるのか?

そんなことから、焙煎研究を重ね製品化に至りました。
コーヒーは世界の飲み物であり、石油に次ぐ産業品でもあります。

そんなコーヒー飲料の新たなカテゴリーとして【O CHER(オーカー)】をご提案致します。
コーヒーは香り。
オーカーは豆本来持つ健康成分に特化。

コーヒーと原材料は一緒ですが、全く違う新たな選択肢の1つとして世界のスタンダードにしていきます。

なぜやっているのか

焙煎研究所で所長を務める加藤の姉の結婚によってコーヒー栽培地との関りからコーヒーはなぜ黒く苦いのかと疑問を。
コーヒー生豆の持つ豊富な健康成分は、他の製品と比べてもとても比べ物にならない高い数値となっています。
そして、その健康成分は多様性と現代人に非常に寄与する成分となっています。その効果は世界各地で研究され期待されております。

しかしながら、一般的なコーヒーではほとんど失われていることが分かり、緑茶と紅茶のようにコーヒーにおいても1つの選択肢として飲んでもらいたい。
そんな強い想いを込めたものが、O CHERです。

どうやっているのか

2465c335 e7b1 4f5b 9f9b aaabfecd982b

現在様々な製品がある中で、失われているものは本質の追求と私は思います。
どこで、誰が、どのように、どうして。
コーヒーというのは、石油に次ぐ1次産業品であり世界中の方が飲まれる飲み物であります。
そんなコーヒー飲料の新たなスタンダードとして世界に広めていきます。

名称とは、全て誰かが作ったものです。
ウーロン茶が無い時代では、現在で当たり前に飲まれるウーロン茶は不思議な飲み物として
しかし、今では当たり前。 
私たちは、オーカーを世界に発信できる飲み物だと確信しています。

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)
  • 取材してほしい

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。