ママ育ては未来育て「子どものための、ママの学校」
ママが子どもたちの未来を、30年後の社会を変える。子どものためのママの学校と、子どもの ための自給自足学校、ママの独立・雇用を生むコミュニティー
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

34828947 569e 492a 9525 b673ce6c5978 D2cce4d7 27b3 4c36 9d97 c895a0088653 063e213c 448a 4d70 9c7e 46f059be52d8 998425a4 4036 4a26 a0be 4b5cd4a66672 6418390f 1d2b 4941 97f1 e022884fdcc7
  • Thumb 34828947 569e 492a 9525 b673ce6c5978
  • Thumb d2cce4d7 27b3 4c36 9d97 c895a0088653
  • Thumb 063e213c 448a 4d70 9c7e 46f059be52d8
  • Thumb 998425a4 4036 4a26 a0be 4b5cd4a66672
  • Thumb 6418390f 1d2b 4941 97f1 e022884fdcc7
「子どものための、ママの学校」について

30年後を笑顔で溢れた、明るい未来にする為、ママと子どもたちがhappyになれる「心・身・食・脳教育+メンタルケア+交流」の場所を作ります。

シングルママの佐々木れんと申します。四国在住の一児の母です。妊娠、出産したことで、今まで深く考えなかった「教育・子育て」のあり方を自分自身の辛かった過去から深く考えるきっかけになりました。息子が生きる30年後の社会のために、今、私達「ママ」にできる事はないのだろうか。という考えから、「子どものための、ママの学校」をスタートさせる事を決意し、今年の6月に一般社団法人 日本天才子ども子育て支援協会(以下JGCCSA)を設立しました。このプロジェクトを実行し続けることで、心と、身体と、未来を、健やかなものにできると信じています。

大切なのは

子どもとどう関わるか。
子どもに何を与えるか。
食べ物、言葉、環境。
コミュニケーション。

知らないから起こる「虐待」があると思います。
知らないから与え続けた食べ物が「病気」となってあらわれています。
知らないからしてしまう「子どもの心を傷つける言葉や行為」があると思います。
ママの心の悩みとケアが出来ないから起こる「虐待・悲劇」も本当に多いと思います。

そうであれば、ママたちがこれらを「知る場」を作ること、そして、よりダイレクトに伝わる「動画」にして届けたいのです。

インターネットさえあれば、スマホやパソコンでいつでもどこでも動画を24時間見ることが出来、心の悩みも何度でも、いつでも専門のカウンセラーへ相談できる…

その場所が「ママの学校」であり、そしてそこに集まった人たちに「イキイキと働ける場所」を提供出来るように雇用や独立を支援すること。
そして、自然の中に農地つきの自給自足の子どもたちのための学校を建てるという「3つの場」を、同じ思いをもつママたちと創っていくという目標を持っています。

そのための、第一歩が、この動画なのです。

「ママの学校」では、子どもの「心・体・才能・夢」を家庭で育むことを目的として、24時間いつでもママのタイミングで授業を視聴出来るようにします。
そして、一方的にではなく、運営側とママ、そして講師たちが実際に交流しながら進化させていく、参加型のオンラインスクールにしていきます。

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 投資して欲しい
  • 取材してほしい

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。