GENCHI
あなたの価値ある旅を、誰かの感動へ
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
5
メンバー
1

サービス紹介文

  • Thumb cabbf7d7 4ada 4576 bc9b cde2b29d8fd8
  • 0
あなたの価値ある旅を、誰かの感動へ GENCHI〔クラウドソーシング型体験共有サービス〕

現地に行きたくても行けない人の課題を解決する
現地体験共有を使った移動(MaaS)サービス GENCHI(インバウンド・高齢者・働き方改革・IoT・シェアリングエコノミー・XR・ロボット全部入り)を提供。
現地にいる人に仕事として、現地の体験共有をお願いし、スマホカメラを目の代わり、マイクを耳の変わりに、リアルタイムの現地を共有する、代行型の移動サービス(MaaS)
マッチングサイト・アプリ上で、市場機能・メッセージ機能・ユーザ評価機能・決済機能を提供。
(体験者は興味のある先だと100%その先に行きたくなる。)
サイト
https://genchi.net
記事
https://wirelesswire.jp/2019/09/72221/
認知症予防に有効(奈良県立医大と研究)
http://www.naramed-u.ac.jp/university/kenkyu-sangakukan/oshirase/documents/houdoushiryou20190729.pdf
https://www.dropbox.com/s/jhywhtp6ipzd2if/MOV_2108.mp4

なぜやっているのか

Noimage

自分自身が家庭の事情で不自由者になった事がある。そんなとき海外旅行に気軽に行けない事情がある人の”旅に出たい”を簡単にかなえるものは、まだ世の中にないし、自分の望み通りに自由に動けるものはまだない。
時を切り取る写真や動画だけだとそれは映像サービス、現地の情報を旅中や現地の人にリアルタイムにその空気ごとシェアしてもらえるような疑似移動手段を創ろうとしている。
クラウドソーシングの形でなら現地の人にも頼みやすいと考え、スマートフォンのカメラで誰でも簡単に疑似的な移動をサポートできるようにしている。

どうやっているのか

Noimage

いままで通信では移動が出来なかったが、今後5Gの時代では通信を使った疑似移動が出来るようになると考えている。
日本国内には4GLTEしかないが、高齢者の認知症予防に効果があるほどのクオリティでの疑似移動は既にでき始めている。
今後、ビジネス出張・地方創生・ヘルスケア3本柱で拡大に取り組む。
ビジネス出張分野としては、展示会の視察代行を行おうとしている。また点検に行けない企業の点検に行く作業の代行アウトソーシングで受ける予定がある。
地方創生分野では、富士通クライアントコンピューティング社と共同で地方を疑似旅行するプロモーションを行う。
ヘルスケア分野としては、高齢者の認知症予防策のバーチャル旅として、全国の施設で高齢者を発注元、地方の主婦を請け元として使って頂くことを目標に検証しながら進めている。(奈良県立医科大学と介護商社・介護施設運営の株式会社ナッセと提携している)

今やっていること

バーチャル旅行体験が認知症予防にもたらす効果について共同研究を実施

合同会社toraru(本社:大阪市中央区、社長:西口 潤)と、認知症予防研究の奈良県立医科大学(奈良県橿原市、医学部 看護学科 老年看護学 准教授:澤見一枝)、福祉・介護施設運営の株式会社ナッセ(本社:大阪市西区、代表取締役社長:足立 浩)は、認知症に関わる課題を幅広く理解し、その予防策への道筋を探るために、バーチャル旅行体験が脳にもたらす健康作用についての共同研究を実施している。

BtoC 男性 女性 その他 高齢者

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)
  • スタッフ探し
  • 取材してほしい

創業者

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。