fitsize
ネット通販で自分のサイズに適合しているかを事前にチェックできるクラウドサービスです。
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

Fitsizeについて

スマートフォンやタブレットの普及に伴って市場の拡大が続き、衣類服飾雑貨などの消費者向けEC市場は2015年に1兆3839億円(EC化率約9%)となり、まだまだ潜在成長率は高いと考えられています。しかし、一方では、サイズで失敗した経験者は9割を超えている(2106年ベルーナ調べ)とのアンケート結果からも、このサイズ不適合問題は依然解決されていない状況です。これに対し、大手のアパレル通販サイトでは、返却を自由とし送料も負担しているものもありますが、大手運送会社の人で不足問題も顕在化してきており、根本的改善には至っておりません。そこで、消費者個人の身体各所のサイズを格納保存し、いつでも購入対象とする商品のサイズデータと比較することによって、自身に対してサイズが適正か否かを判断できるクラウドサービズを考案しました。登録には、個人情報は必要としないことによって、万が一の漏洩でもリスクを回避できるものとしています。
このビジネスモデルは、私個人が2105年に考案し、翌年には特許申請し、昨年8月に特許を取得しています。
現在は、この課題に着目した海外の VBが参入してきていますが、多くは過去に購入した服のサイズとに比較であり、特定のECサイトでしか使えないため、様々なサイトから購入したいと考える一般の消費者には利便性に問題があるものとなっています。
私の考えるサービスは、特定のサイトに束縛されずニュートラルな立ち位置で、利用者に安心して登録・利用してもらえるサイズに特化したプラットフォームとなることを目指しています。
このサービスは、一般消費者に楽しく利用していただくためのインターフェースや、サイズの適合差異を表示するヴィジュアルデザインや手法も要となりますが、この利用者のサイズデータベースが一定のボリュームとなった時に本来の価値が生まれると考えられます。これによって、サイズ情報によってセグメントしたあるカテゴリーのリストを販売側に提供し、ダイレクトにメールでピンポイントの商品情報を提供し訴求することが可能になります。さらに、住居エリア、年代層、性別、サイズなどの情報を提供することで、メーカーは、次の商品開発データに活用することも可能です。利用者が、どの商品とのサイズマッチングを行ったかログデータから人気商材を割り出したり、SMLの固定化したサイズをあらかじめ作ってから売り場に出すのではなく、作成前に、そのサイズカテゴリーの方々だけにオファーをすることによって、不良在庫や販売促進費用も節約できると考えられます。
このような利用者個人のサイズに特化したデータベースは、アパレルにとどまらず、ベットや机などの家具や個人を取り巻く空間とそこに配置されるハードウェアとの適合性も検証できるようになるため、その価値は無限の広がりを期待でき、そのデータを売り手側に適正価格で提供することで、マネタイズ可能と考えられます。
私自身は、未だ企業に勤務する会社員ではありますが、これを実現するためにその方法を模索しているところです。
是非、このような「これまでなかったサービス」を、実現いたしたく、この企画に応募させていただきました。

なぜやっているのか

Noimage

インターネットのインフラ環境や個人が所有する電子デバイス機器性能は数年ごとに高度化し、数年前まではネットで買い物しているものはごく少数派であったが、現在では誰もが気軽に買い物を楽しめる状況にありEC市場は拡大しているものの、購入費し商品が届くまではその表品が本当に自分のサイズに合っているのかが確証が持てないために、リスクが存在している。これを解消し、ネットでより安心で安全な買い物環境を実現したい。

どうやっているのか

Noimage

現在は、まだ企画構想段階です。しかし、このアイディアを保護するために、自分自信で特許(登録番号5981623)を取得しました。この構想を、実現しマネタイズするビジネスを立ち上げたいと思い現在その方法を模索中です。
立ち上げの方法としては、まずこのクラウドシステムを構築し、利用者登録を先行させ、アパレル通販事業者に契約を得るというステップになると考えています。

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • スタッフ探し
  • 創業メンバーを探したい

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。