cotree
オンラインカウンセリングのcotree(コトリー)
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
3
メンバー
1

ニュース

2016.01.04
MEDIA

『産経新聞』にcotree(コトリー)が掲載されました。

オンラインで臨床心理士らがカウンセリング 海外や地方の人も悩み相談
cotree(コトリー、東京)は、悩んでいる人のためにオンラインでのカウンセリングを手掛ける。平成26年5月の設立で、病院などへ足を運ばなくてもいいため、海外や地方の人も含めて利用者が増えている。

 金融機関に勤めていた桜本真理社長(33)は21年、不眠などで病院を訪れた際、簡単なアンケートや3分程度の診察で「仕事が原因の軽い鬱病」と診断され、睡眠薬や抗鬱薬を処方された。

 大学で心理学を専攻していたこともあり「依存性の高い薬や副作用のある薬も多い。簡単に診断を下され、薬を処方されることに違和感を覚えた」と振り返る。「薬を飲む前、医療の前の段階で心の悩みを解決できるよう広く支援できれば」と決意し、起業した。

 桜本社長は「日本ではカウンセリングは病気の人が受けるものという意識が根強い」と語る。この障壁を乗り越えようと、オンラインカウンセリングの体制にした。現在、約40人の臨床心理士や産業カウンセラーが対応している。