coten
書籍にある膨大な歴史情報を自然言語処理(AI)の技術を使って自動で構造化し、 あらゆる個人やサービスが今よりもっと簡単に歴史の情報を活用できるようにします。
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

  • Thumb e0f9d93b a6f0 44b9 b00e 2c53f04e773b
AIを活用した歴史のデータベース

2017年の現代においても、歴史の情報は書籍を読む以外に取得する方法がほとんどありません。

例えば、
「チンギスハーンはどのようにして世界帝国を築いたのか?」
「三蔵法師はなぜ命をかけてまで仏教経典を持って帰りたかったのか」
「フランス革命により世界はどう変わったか」
これらの問いに対する答えは数冊の本を読むか、
もしくはWEB上でソース不明の情報を読むしかありません。

上記の例に限らず、歴史情報として膨大な情報があります。
現代人にとってもそれはなんらかの形で必ず価値のある情報です。
その価値は人によっては、「感動する」かもしれないし、「自分の生きかたの参考になる」かもしれないし
「好奇心を満たしてくれる」かもしれません。

これらの膨大な価値ある情報を自然言語処理(AI)の技術を使うことで、
歴史に関する記述構造を機械的に理解し自動でデータベース化していきます。

大きくマクロとミクロの2つのデータベースに分け
マクロデータは地図上に配置し、Google Earthを見るかのように世界のどこでどの時代に何が起こっていたのかを
俯瞰して見られるようなインターフェイスにします。
ミクロデータは人物情報を中心にまとめ、知りたいテーマで絞って検索して見られるようにします。

1、マクロ的な社会情報
  →宗教分布や人口、戦争や政治など
  ★Google Earthのようなマップインターフェイスで時代別に各情報を見られる

2、ミクロ的な人物情報
  →人生のタイムライン
  →人物別のキーワード
  ★知りたいテーマ/側面に関しての書籍の記述が表示される

さらに上記のデータベースとインターフェースを
他社のサービスに解放し、例えば観光アプリが観光先の歴史も同時に表示させたり、
ニュースメディアがニュースのルーツになっている歴史を表示させるなどの活用を考えています。

なぜやっているのか

Noimage

多くの個人やサービスが歴史に簡単にアクセスできるようにすることで人類にためになると考えたからです。
この現代において大切なことはスキルを身につけたりモノを所有することではなく、「自分という人間はどんな人間か?」を知り、さらに「自分が所属している組織や社会はどんなものか?」を知ることだと思います。歴史は自分と社会を知るための示唆を多数に含んでいるので、その面において非常に役に立つと思っています。

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 取材してほしい

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。