認知症情報誌Almama
2000人の医師と共につくる認知症情報誌「Almama」 全国に3万部 専門的な情報をやさしく身近に!
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

Daec64bc 0eb2 4d9d 9131 8c27c970b68b 1ae1ed14 3e08 432e abd4 98c632461aa5 42d6fc1b f8f7 4299 bbd5 e3d14c94eb28 94d4cfee 9481 4f90 874d b576044e9940
  • Thumb daec64bc 0eb2 4d9d 9131 8c27c970b68b
  • Thumb 1ae1ed14 3e08 432e abd4 98c632461aa5
  • Thumb 42d6fc1b f8f7 4299 bbd5 e3d14c94eb28
  • Thumb 94d4cfee 9481 4f90 874d b576044e9940
より良い介護環境を目指し、暮らしあるのままネットワークをつくろう!「認知症情報誌Almma」

高齢化が進むなか、認知症介護ケアの必要性が高まっています。認知症情報誌「Almama」は、予防・改善への取り組みや認知症の正しい医学知識、最新治療情報、介護制度の理解と利用方法、地域ができる取り組み、介護生活を支える商品、多健康寿命をささえる食事、運動など、健康寿命の維持と認知症予防と発症しても軽度の状態を維持するするためのサポートをします。また、病院や薬局、介護施設、社会福祉協議会などと協調して、高齢化社会の豊かさを支えます。
これらの情報サービスは、常に医学的観点から2000人の医師が所属するNPOメディカル・ベンチャー会議の監修を受けます。

なぜやっているのか

Noimage

認知症による徘徊で年間1万人の高齢者が行方不明になります。老老介護の疲れから2週間に1件の殺人事件が起こっています。この姿は、我々の望ましい未来ではありません。認知症情報誌Almamaの発行を通じ、認知症を理解し、学ぶことで豊かな未来を考えること。一人の高齢者の目から見た社会への願いは、大きな夢を開き、心安らぐ社会の創造に寄与することができると信じているから一歩、一歩の前進を目指し続けます。

こんなサポーターを求めています

  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)
  • 取材してほしい

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。