スマート・メディカル・ステーション
都市部の医療アクセス向上と医療資源の効率化を実現する、新しい遠隔診療サービス。オフィスや商業施設に「メディカルポッド」を設置し、遠隔の医師とリアルタイム連携。手軽で質の高い医療を提供します。
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
2

サービス紹介文

都市部の医療課題を解決するため、「スマート・メディカル・ステーション」は、ブース型の移動式クリニック「メディカルポッド」と遠隔診療システムを組み合わせた新しいソリューションを提供します。
オフィスビルや商業施設などの立地に、看護師が常駐する「メディカルポッド」を設置。患者は手軽にポッドで受診でき、看護師がIoT診療機器で取得したバイタルデータを遠隔地の医師にリアルタイム共有します。医師は映像通話で患者と問診を行い、的確な診断と指示を行えます。
アクセス性の高い場所への設置と、遠隔の医療リソースの活用により、混雑解消や医療アクセス向上に貢献。定期的な利用で生活習慣病の予防も期待できます。さらに災害時には一時的なポッド設置で医療キャパシティを拡充。都市部の様々な医療ニーズに応えるスマートなソリューションです。

なぜやっているのか

スマート・メディカル・ステーションを始めた理由は、都市部における深刻な医療課題を解決したいという強い想いからです。
具体的には、以下の4つの課題に着目しました。
1. 医療機関の混雑と長い待ち時間
2. 高齢者や障がい者など、交通アクセスが困難な人々への影響
3. 生活習慣病の増加による健康リスクの高まり
4. 災害時の医療提供体制の脆弱性
これらの課題は、都市部の人口集中に伴い、ますます深刻化すると考えられます。しかし、既存の取り組みでは根本的な解決が難しい状況にあります。
そこで、当社は遠隔診療とモバイルクリニックを組み合わせた革新的なソリューションを立ち上げることにしました。ICTを最大限活用し、立地と時間の制約を越えて質の高い医療アクセスを実現するためです。
人々が健康で豊かな生活を送れる社会を実現したい。そして、持続可能でレジリエントな都市社会を創り上げていきたい。そういった想いから、このサービスを開始することとなりました。

どうやっているのか

スマート・メディカル・ステーションを成長させていく上で、私たちが掲げる重要な理念は以下の3点です。
1. 誰もが等しく質の高い医療へアクセスできる社会の実現
 医療は生命に関わる重要なサービスです。都市部か地方か、経済的な状況に関わらず、すべての人々が容易に質の高い医療を受けられる環境を整備することが不可欠だと考えています。

2. 最先端のテクノロジーと現場のニーズの融合
 ICTの発展は日進月歩です。しかし、現場の医療従事者や患者のニーズを無視して技術だけを重視しても本当の改革は望めません。最新技術と現場の知見を組み合わせて、使いやすくかつ効果の高いサービスを提供し続けることが大切です。

3. 医療の効率化と持続可能性の両立
 限りある医療リソースを効率的に活用しながら、患者一人ひとりに丁寧で質の高い医療を提供することが求められます。同時に、災害をはじめとするさまざまなリスクにも備え、強靭で持続可能な医療体制を構築することも重視していきます。

これらの理念を胸に、着実にサービスを磨き上げ、都市の医療課題解決とスマートシティ実現に貢献できるよう、事業を成長させていく所存です。

創業者

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。