Dr.Wallet
最も入力が簡単なクラウド家計簿Dr.Wallet(ドクターウォレット)
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
3
メンバー
4

ニュース

2015.12.24
MEDIA
A100409c cf90 4437 8a7d 6299ed024c65

「YAHOO! JAPAN ニュース」にご掲載いただきました。

株式会社BearTail(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒崎賢一)が12月24日より提供を開始した、「クラウド経費精算サービス[Dr. 経費精算]」が、
YAHOO! JAPAN ニュース にてご掲載いただきました。

BearTail、クラウド経費精算サービス「Dr.経費精算」を公開–領収書をスマホ撮影

 BearTailは12月24日、クラウド経費精算サービス「Dr.経費精算」のパーソナルプランβ版をリリースしたと発表した。120万ダウンロードを超えるレシート家計簿アプリ「Dr.Wallet」のノウハウを活用したサービスで、料金は1ユーザーあたり月額980円。ウェブのほか、AndroidとiOS(2016年1月リリース予定)に対応する。まずは個人事業主や小規模事業者向けに提供し、2016年1月には中小企業向けのプランも公開する予定。

Dr.経費精算は、手書きの領収書やタクシーの領収書などをスマートフォンのカメラを使って撮影するだけで、オペレーターが情報を入力してくれるサービス。完成したデータを仕訳し、対応する会計ソフトなどに合わせた出力が可能になるという。初期設定を済ませれば、クレジットカードの利用明細が自動で取り込まれる。モバイルSuica、Amazonや楽天などにも対応するという。

電車賃の検索システムとも連動し、駅名を入れるだけで交通費を記録する。また、弥生会計やfreeeなど、自動的に仕分けされたデータを利用している会計ソフトのフォーマットに合わせて出力、取り込める機能も備えた。取り込まれた経費データは、店名などからシステムが自動的に仕訳。利用者の仕訳の修正を学習し、効率よく仕訳できるようになるという。

さらに、定期的な第三者からの侵入テストやPマーク、TrustEマークの取得を通じた個人情報保護への取組み、通信経路の暗号化や重要なデータベースの暗号化などを通じて、高いレベルのセキュリティを確保したとしている。

今後は、約1年後の2017年1月から施行される予定の新しい電子帳簿保存法にも対応予定。具体的には、領収書をスマートフォンで撮影したり、スキャンしてデジタルデータ化すれば、領収書原本の破棄が可能になるという内容で、BearTail代表取締役社長の黒﨑賢一氏は、新たな電子帳簿保存法にいち早く対応するために、このタイミングで経費精算サービスを公開したと説明した。