「小型ドローン等による現地確認サービス」と「デジタル化サービス」
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

【現地確認サービス】
 人が容易に現地を確認できない、狭くて・暗くて・汚い・危険な箇所を対象として、衝撃に強く防塵性能の高い、非GPSの屋内空間で使用できる小型・軽量ドローンを中心に、一般的に流通している屋外用ドローンや配管内探査ロボット等を用いた現地確認サービスを提供。
【デジタル化サービス】
 ドローンを含めた各種ロボットのほか、スマートフォン、タブレット、デジタルカメラ等で撮影した動画をウェブブラウザからクラウドにアップロードするだけで3Dモデルが生成でき、遠隔地における任意の場所の寸法計測や時系列管理等が可能なデジタルツインソフトウェア「TRANCITY」を開発し、顧客に提供。その他他社のソリューションと組合わせカスタマイズすることでAI検知等も可能。

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。