No image added
遠隔作業支援システムSynchroAZ
SynchroAZは、スマートグラスとZoomを連動させた遠隔作業支援システムです。本体とバッテリーをつなぐだけで約30秒後に自動で遠隔地との会議が始まります。操作が簡単でかつハンズフリーのため安全に使用できる点がSynchroAZの特徴と優位性です。 https://5saz.com
  • リンクをコピー
最終更新 : 2021.10.14
サービス概要
SynchroAZは、メガネ型のフレームにカメラとモニターを内蔵したスマートグラスと、WEB会議システムであるZoomを連動させた遠隔作業支援システムです。スマートグラスを装着し、本体とバッテリーをつなぐと他の操作を一切することなく約30秒で自動的に会議がはじまります。基幹ビデオ会議エンジンにZoomのシステムを利用し、さらに追加機能を搭載した独自開発の遠隔作業支援システムです。 SynchroAZは、 ・現場はハンズフリーで他拠点からのリアルタイム支援が可能 ・SynchroAZ本体の操作は本体とバッテリーをつなぐだけであり、容易に導入可能 ・複数拠点から最大100名が会議に参加可能・WEB会議内容を録画可能(マニュアル動画作成が容易)といった点が強みです。 特に他社製品は操作が煩雑である場合が多い事に対し、弊社製品は本体とバッテリーをコードで繋ぐと会議が始まるのは、圧倒的優位性です。 「SynchroAZで、日本の中小企業を支えたい」これが私の想いです。初期費用0円、月額3万5千円で誰でも簡単に導入できます。
ビジネスモデル・特徴
SynchroAZのリリース日は2020年6月20日。私は、兼業人材のみで事業展開することを決意し兼業人材を募集しました。集まった人材によってチームシンクロアイズが出来上がり、事業がスタートしました。仕事は完全フルリモート制です。営業担当、広報担当、WEB担当などに分かれており、月1回程度の会議をを中心にオンラインツールで情報共有をしながら仕事をしています。社長を筆頭に、ある程度準備をしたらまずはやってみる!この精神が、推進力につながっています。このような働き方をしている背景には、「SynchroAZ」という働き方改革を支える製品を販売する弊社が、率先して働き方改革を進めていくという理念があります。この新しい働き方は、企業側・兼業者側の双方が幸せになることができる最適な形だと思っています。働き方についてのリアルな経験については、noteで紹介しているので、読んでみてください。 [https://note.com/synchroaz/n/n1c1e952d9a81](https://note.com/synchroaz/n/n1c1e952d9a81)
創業の想い・ビジョン
私、武井理は、町の電器屋の2代目社長で、5年ほど前までは現場に出ていました。そこで感じたことは、深刻な人手不足問題。現場作業員は若く経験が浅い、ベテランは高齢化で退職していく。現場の問題は電話だけでは解決せず、ベテランが直接現場を見に行かなければならない。「オンラインで若手作業員の視界を見たい…。」こう感じたことが、開発のきっかけです。視界をパソコンに映すことができれば、遠隔地からの指示出しが可能になり、さらには動画資産として技術継承にも使えると考えました。 この想いを胸にSynchroAZの開発を始めました。製品開発にあたって意識した私の圧倒的な強みは、「現場の経験があり現場の課題を十分に理解できて、その後の経営者の悩みもわかること」でした。この強みを生かし、独自の遠隔作業支援システムを生み出しました。 「SynchroAZで、日本の中小企業を支えたい」これが私の想いです。現場で役に立つものを開発したかったので、「SynchroAZ」の操作はバッテリーと本体をコードでつなぐだけにしました。初期費用0円、月額3万5千円で誰でも簡単に導入できます。
VISION AND FEATURES
DATA
基本情報
会社名 遠隔作業支援システムSynchroAZ
ステージ アーリー
ラウンド
業界
旅行プラン
環境・エネルギー
ハードウェア
農業
不動産
災害・防災・セキュリティー
研究
素材メーカー
DIY
ビジネスモデル
BtoB
創業者名
武井 理
所在地 岐阜県中津川市中津川2975-1 日本
チーム
6 - 10 人
ローンチ
June 20, 2020
資本金
1 百万円
強み
技術
チーム
顧客サポート
サービスの ターゲット
対象地域
性別
その他
創業者
武井 理
武井 理
株式会社SynchroAZ代表取締役の武井理です。これまで、徹底的に現場目線のプロダクトを開発してきました。遠隔作業支援システムSynchroAZは、自動的にスマートグラスがオンライン会議に繋がり遠隔地とリアルタイム会議が可能な画期的なシステムです。
所属スタートアップ 1