古河電工アクセラレーター2018

スタートアップと狙いたい領域

Img1
01

1.ミライの生活基盤

~単なるインフラ提供からの脱却~

大量生産・大量消費の時代は終わりました。新たな働き方やライフスタイルなど、価値観が多様化していく世の中へ、スタートアップの皆様のサービスと古河電工のインフラを活用して、今ある世の中の景色にイノベーションを起こし、ミライの社会を支える生活基盤を創っていきたいと思っています。

Img2
02

2.新しいクルマのカタチ

~これからのカーライフを変えていく~

古河電工のモノづくりの歴史から生まれたコンセプトカーOneFカーをベースに、スタートアップのプロダクトや発想力を組み合わせることで、今後、自動運転やコネクティッド化が進んでいく新しいクルマのカタチやライフスタイルの変革へ第一歩を踏み出したいと思っています。

スタートアップが利用できるリソース

1
オープンイノベーション施設:Fun Lab
Resource1

世紀を超えて絶え間ない技術革新を続けてきた古河電工が、その技術革新をさらに加速させるべくオープンイノベーションの場として開設した「Fun Lab」。製品の企画からプロトタイプの開発までをワンストップで行うことができ、古河電工が長年培ってきた技術を活用することができます。

2
技術革新力
Resource2

古河電工は、6つの事業分野に貢献する国内4つの研究所および海外3つの研究拠点で培われた技術を含む、当社の幅広い技術基盤をスタートアップへ提供することで技術的課題を解決し、スタートアップとの新規事業の開発に生かすことが期待できます。

3
幅広い顧客基盤
Resource3

古河電工は、国内9ヶ所の営業拠点をはじめとして世界中の「あちこち」に素材や部品、システムを提供しています。たとえば鉄道、自動車、スマホなどに当社の製品が利用されています。当社が製品を提供している幅広い顧客とのつながりを活用することができます。

4
自治体とのつながり
Resource4

古河電工は社会インフラを支えるさまざまな製品を製造していることから、国内外の多くの政府機関や自治体とつながりを持っています。またCSR活動を通じた地域社会とのつながりも大事にしているので、地方創生などの連携も期待できます。

5
グローバルネットワーク
Resource5

古河電工は世界中のニーズに応えるため、120社を超える海外・国内関係会社を保有しています。新規事業の創出において、これらの古河電工グループが持つグローバルネットワークを活用できます。

6
スポーツ・カルチャー
Resource5

古河電工は、より豊かな社会の実現のため、スポーツや伝統文化のイベント活動を支援しているため、サッカーやモータースポーツなどのヒトが集まる場を活用することができます。

Crewwからのひとこと

今回はIoTやAIなどをはじめ、多種多様なジャンルのスタートアップとのコラボを想定しています。古河電工の狙いたい領域に共感頂けるスタートアップの方は是非ともエントリーください! 実証実験の場の提供として古河電工 Fun Labリソースの活用や、コンセプトカーのOne Fカー、ヒトが集まる場としての日光市和楽祭、ジェフユナイテッド市原・千葉など、様々なリソースをお持ちです。IoTのハード生産から、ヒトが多く集まる場だからこそ出来る実証実験など、様々な組み方が想定出来るはずなので、事業スケールに繋がる機会になればと考えています。我々も精一杯サポートさせて頂きます。

本アクセラレータープログラムに関してのお問い合わせはこちら:stack@creww.me

Timeline

会社概要

古河電工グループは、「世紀を超えて培ってきた素材力を核として、絶え間ない技術革新により、真に豊かで持続可能な社会の実現に貢献すること」を基本理念としております。そして、1884年の創業から今日まで、エネルギー、情報、熱を『伝える』『つなげる』『蓄える』ことを事業の柱とし、情報通信やエネルギーなどのインフラ分野や自動車部品分野、エレクトロニクス分野へ、多岐にわたる製品を世界中に展開し社会貢献しています。

コラボへの意気込み

Members

創業134年を迎える古河電工はオープンイノベーションを積極的に推進しています。「Fun Lab」に続く、新しいプロジェクトとしてアクセラレーターを開始します。全く新しいアイデアを持つスタートアップの皆様と一緒に、ミライの社会を支える新しい歴史を創りたいと思っています。私たちと一緒に、新たな一歩を踏み出すスタートアップのみなさんの応募をお待ちしております!!

エントリー

エントリーは終了いたしました