吉田 圭汰

所属スタートアップ

nimomin

民泊新法対応ソリューション「nimomin」

syn.m2m

大規模民泊事業向け民泊効率化ツール/4000物件以上の民泊が登録されているNo.1民泊管理ツール

m2m

民泊と短期賃貸を合わせ、180日規制下でも民泊事業者の収益を確保できるようにする民泊プラットフォームサービス。

実績

1992年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部出身
2013年SPWTECH合同会社を設立。2014年には国内最大規模のアクセラレーターであるKDDI∞laboに選出され、同社より賞をいただく。2015年には女性向けキュレーション事業を事業売却し、訪日外国人向けのチャットサポートを開始する。
2016年には同社の事業を引き継ぎながらデジタルガレージの投資部門(過去の投資先はtwitter、Linkdin等)よりAI関連で出資を受けmatsuri technologies株式会社を設立する。国内最古のアクセラレーターOpen Network Labに選出される。
同年に民泊管理のクラウドシステムを発表し、現在では国内最多(2017.7月現在)の4000室の業務管理に使われている。

経歴

2017年
-
現在
matsuri technologies,inc

CEO

2011年
-
2016年
SPWTECH,LLC

CEO

メッセージを送る