岡本 直也

所属スタートアップ

曳家岡本

東日本大地震現場・液状化現象等の家の傾き修理・修復対策下請けします

実績

1995年地元、NHK高知の「土佐に生きる」で若い曳家親方として紹介される。
2011年3・11以降は、NHK「夕時ネットワーク」日本テレビ「バンキシャ」読売テレビ「ウェークアップぷらす」韓国YTNテレビ震災特集、日本テレビ「心ゆさぶれ先輩Rock you!」東北放送「Nスタ」等のテレビ番組。
2013年6月「週刊女性」(人間ドキュメント枠)、セミレギュラーとして「週刊漫画times」連載中の「解体屋ゲン」に実名で曳家職人として登場中。
10月8日発売号~から3週に亘っては、川越市にある小江戸地区の有名うなぎ店「小川菊」(大正時代の木造3階建て)の沈下修復工事が漫画化。
この漫画化は「東京新聞」(埼玉版)を含め多くの媒体で採り上げられた。
現在、宮城県石巻市で大正時代の木造小学校を修復中。
「曳家というとどうしても寺社仏閣、古民家修復のイメージがありますが、一般住宅の耐震化や浸水から守るための嵩上げなど色々と活用していただける技術があります。また故郷・高知を襲うだろう南海トラフ地震に向けて後継者育成を各方面に投げかけております。小さな和菓子屋のような規模ですが、必要な仕事です。どうぞよろしくお願いします」

経歴

1978年
-
現在
曳家岡本(曳家工事、沈下修正、嵩上げ)

曳家技術を使って、地盤沈下等の住宅の修復を行っています。詳細はhttp://hikiyaokamoto.comをご高覧くださいませ。

メッセージを送る