Cover

事業会社情報

エムオン・エンタテインメント

エムオン・エンタテイメントは『エンタテイメントと人をつなぐ、メディア&クリエイティブカンパニーへ』をビジョンに、エンタテイメントをつくり、情熱を持って伝えていきます。女性誌、音楽誌等の出版事業や放送事業で保有する編集力、映像制作力、イベント制作力などのリソースを活用しながら、ソニーミュージックの音楽事業、アニメ事業、ライブ事業などとの連携を強化することで、メディア形態やジャンルを限定しない総合エンタテインメント企業として事業展開を進めて参ります。

募集要項

ソニーミュージックグループのエムオン・エンタテイメントは、「エンタテインメント」と「人」を繋ぐというビジョンの下、次のステージへステップアップするために、これまでに行ってきた音楽を軸とした放送・出版事業から、ネットメディアの強化や女性市場へアプローチなど新たな事業領域を拡大させていきます。 エムオン・エンタテイメントは、放送・出版・イベント事業で築き上げてきた企画制作力やメディア影響力などのリソースを提供してスタートアップのイノベーティブなサービスやプロダクトと連携させることで、「ライフエンタテインメント」の領域で、スタートアップと共に新しいビジネスや生活の体験を創り上げていきます。

リソースを選択してエントリー

ママ向けの雑誌「mamagirl」を活用

発行部数約16万部のオシャレも楽しみたいママをメインターゲットとしたメディア「mamagirl」や周辺に抱える読者モデルなどのインフルエンサーを活用することができます。
ファッション、子育て、娯楽、金融など「ライフスタイル」に関連した様々なスタートアップと、mamagirlの読者やWEBサイト、SNSを連携させ、新しいビジネスを作っていきましょう。
• 25〜34歳までのママが8割強
• mamagirl
 Webサイト : http://www.mamagirl.jp/

エムオン・エンタテインメント

エントリー期間

2015年10月26日〜01月29日


様々な雑誌の読者・放送の視聴者を活用

エムオン・エンタテインメントが出版する女性誌ほかライフスタイル雑誌や音楽専門チャンネル「MUSIC ON! TV」を活用することができます。イノベーティブなスタートアップサービスと各メディアの読者や視聴者を連携させて、ライフスタイルに関連した新しいビジネスや価値を一緒に提供していきましょう。
• 大人可愛い アラサー向けファッション誌「andGIRL」
 主な読者層:30代前後の仕事に恋愛にアクティブな女性
 発行部数:18万部
 WEBサイト:http://www.andgirl.jp/
• IoT時代を見据えたデジタルグッズ情報誌「デジモノステーション」
 主な読者層:30代前後の新しいもの好き(男性中心)
 発行部数:10万部
 WEBサイト:http://www.digimonostation.jp/
• 支持率No.1のCS音楽チャンネル「MUSIC ON! TV」
 ライブ番組、ランキング番組など幅広いジャンルを網羅。スカパーやCATV等を 経由し全国735万超の視聴世帯にリーチしています。
 視聴者:10代~30代以上まで幅広い(女性比率が高い)
 WEBサイト:http://www.m-on.jp/
• ほか様々な雑誌・書籍の出版
 WEBサイト:http://www.m-on-books.jp/

エムオン・エンタテインメント

エントリー期間

2015年10月26日〜01月29日


WEBメディアやイベントを活用

エムオン・エンタテインメントが展開する様々なジャンルのWEBメディアやイベント企画を活用することができます。イノベーティブなスタートアップサービスとオンライン、オフラインを連携させたサービスなど、ライフスタイルに関連した新しいビジネスや価値を一緒に提供していきましょう。
・エムオン・エンタテインメントの各メディアの記事を集約し
 キュレーションメディアやポータルサイトに記事配信している
 「M-ON! Press」http://www.m-on.press/
・音楽ニュースに加えて、動画コンテンツ連載などを展開する
 「M-ON! MUSIC」http://www.m-on.press/music/
・エムオン・エンタテインメントが手掛けた
 ライブイベント名盤ライブ http://www.meibanlive.com/
・リスアニ!ライブ (毎年武道館で開催するアニソンイベント)
 http://www.lisani.jp/live/

エムオン・エンタテインメント

エントリー期間

2015年10月26日〜01月29日


全国の書店流通網や放送番組を供給する地方ケーブル局とのネットワークを活用

エムオン・エンタテインメントの出版事業を活用し、全国の書店販売ルートへのアクセスすることができます。また放送番組を供給している全国のケーブル局との連携により地方イベントなどの取り組みも可能です。
全国に広がる書店訪問者や放送視聴者に対して、スタートアップサービスを提供することで、新しいビジネスや顧客への新しい価値を一緒に提供していきましょう。
・流通書店数:全国1万店以上
・配信CATV局数:200局以上

エムオン・エンタテインメント

エントリー期間

2015年10月26日〜01月29日


よくある質問

crewwコラボとは何ですか?
A. crewwコラボは、スタートアップと企業のオープンイノベーションです。スタートアップは企業の様々なリソース(経営資源)を活用してサービスの成長スピードを加速します。企業はスタートアップにリソースを提供することにより、リスク、コストを軽減し、新規事業創出の足がかりとなります。参加無料、簡単にエントリー可能です。
コラボにエントリーすると、どのようなメリットがありますか?
A. 事業会社(大手企業)が持っているリソース(ユーザー会員、ブランド力、資金など)を活用する事によって、自社サービスを成長させる大きな機会に繋がります。
エントリーはどうやったらできますか?
A. 以下の条件を満たす事で簡単にエントリーする事が出来ます。
・creww内でスタートアップアカウントを持っている事
・プロフィール(自分のアカウントページとスタートアップページ)を埋めている事
上記の条件を満たしていれば、提案タイトル、提案詳細(2,500文字程度)で簡単にエントリーする事ができます。
個人でもエントリーできますか?
A. 開催されるコラボごとにエントリー条件が異なりますのでコラボ詳細ページ内にある「エントリー条件」をご参考ください。
オンラインブラッシュアップとは何ですか?
A. ブラッシュアップはミートアップに進むスタートアップを選定する為のオンライン上でのミーティングです。エントリー提案に対して初見での見解や質問を互いに繰り返す事で協業のポイントを模索し、実現性を見極める為のディスカッションを行います。大企業からスタートアップへの一方向な質問だけでなく、双方向によるコミュニケーションが重要です。
オンラインブラッシュアップでなく、直接会ってお話したいのですが?
A. crewwコラボではサービス・プロダクトの理解、提案の実現性を検討していく上で、ブラッシュアップ期間中に企業担当者と直接会って打ち合わせすることをお勧めしています。
大手企業担当者とのブラッシュアップでは何を話せば良いですか?
A. エントリー内容を深堀りして理解を高め、実現性を検討して行く上で双方にとって必要なディスカッションを、以下を項目を中心に行います。
 1. スタートアップのサービス/プロダクト/アイディアの理解
 2. 活用したい大手企業のリソースと一緒にやりたい事
 3. 双方の役割・座組とスキームの確認
 4. 実現する事で見込める効果や実現性
 5. その他大手企業への質問
 ※ メッセージのやり取りは出来る限りこまめに確認しましょう。
コラボで過去に協業に繋がったスタートアップはどのようなサービスが多いですか?
A. どのスタートアップも自社サービス(webサービスやアプリ)を絡めた提案から協業に繋がってます。このコラボの為に0から何かを作って提案、という例は稀です。
なぜ大手企業はスタートアップと協業したいと思っているのでしょうか?
A. 自社で全て賄うより、既にスタートされているスタートアップと組む事で時間の短縮、無駄な出費を削減出来るという事が理由に挙げられます。また社内教育の一環として外部からの新しい風を取り入れる事は、大手企業にとって新鮮な取り組みとなり今後大手企業を背負って行く社員のベンチャーマインドの生成へと繋げる狙いもあります。

エントリー条件と補足情報

NG企画

・ギャンブル、政治、宗教、反社会的内容など公的にふさわしくない内容の企画
・法律に違反する企画
・商品の売り込み
・TV番組コンテンツの提案

エントリー条件

個人/法人、分野、業種を問わず、すべてのスタートアップがエントリーできます。

選考方法

募集期間中にエントリー後、企業担当者と十分な企画のブラッシュアップをオンラインで行った上で、個別にミートアップに進む事ができます。※ミートアップまで進まない場合もあります。
※エントリー後にcreww内で審査を行った上、ブラッシュアップにお進みいただけます

担当者

河口 義一

エムオン・エンタテインメントは、2012年に、放送事業(ミュージック・オン・ティーヴィ)と出版事業(ソニー・マガジンズ)を統合して設立した複合型のメディアカンパニーです。エンタテインメントと人を繋ぐ、メディア&クリエイティブカンパニーを目指しています。