一原 直昭

実績

10年以上の臨床経験を有する医師(循環器および救急が専門)。基礎研究、臨床研究の経験あり。2011年夏から2013年までの間に米国ハーバード大学公衆衛生大学院で医療マネジメント・医療政策を学んだ。友人と共に、米国の医療改革を先導する組織の一つである Institute for Healthcare Improvement の教材翻訳を行っている。日本の医療を現場レベルから改善し、また医療システム全体の改善に貢献することを大目標として掲げている。特に、医療安全・医療の質に関する調査、医療の質の測定・改善に役立つソフトウェアの開発、現場レベルの取り組み支援、を中目標とし、活動中。

経歴

2012年
-
現在
現場改善ネットワーク

米国の医療改革を先導するNPOである Institute for Healthcare Improvement の教材翻訳。

2012年
-
2012年
ハーバード大学公衆衛生大学院

2012年
-
2012年
米国 Brigham and Women's Hospital 研究員

2009年
-
2009年
横浜国立大学グローバルCOEプログラム「情報通信による医工融合イノベーション創生」リサーチ・アシスタント

2007年
-
2007年
横浜市立大学附属病院

2004年
-
2004年
亀田医療センター

2002年
-
2002年
国立病院機構 東京医療センター

メッセージを送る