てがみ倶楽部
絵手紙で広がる交流
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
2
メンバー
1

ニュース

2015.12.10
INFO
Fa477451 e183 4ef7 98a3 b4b9bec98894

絵手紙は本当に「ヘタでいい、ヘタがいい」

12/10
絵手紙は本当に「ヘタでいい、ヘタがいい」

絵手紙は本当に「ヘタでいい、ヘタがいい」
絵手紙“ヘタくそ”がいい 創始者の小池さん、岐阜で魅力語る

絵手紙の創始者、小池邦夫さんの講演会が全国で行われています。

「絵手紙は“ヘタくそ”の方がいいんです」「うまい絵手紙よりも、ヘタな作品の方が自分らしさが出て、相手にとって魅力的です」

と小池さんはおっしゃっています。
私も講演会に行きましたが、もともと書の出身である小池さんは、絵だけではなく書についても熱く語っておられました。
とにかく「下手くそ」なものに感動されていて、「ヘタがいい、ヘタでいい」という絵手紙のスローガンは本気なのだと感じました。

もうひとつ、印象的だったのが、小池さんが50年前、岡本太郎に言われたという「モーレツに素人たれ」という言葉。

原点は岡本太郎にあったのですね。

みなさんも、心置きなく”ヘタくそ”で”素人”な絵手紙を描いてみてくださいね。