「農」と言える日本へ|ベジフルファーム
エキサイティングな革命で「農」と言える日本へ|ベジフルファーム
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
3
メンバー
1

ニュース

2015.04.15
PRESS

ベジフルファーム、ベトナムに現地法人設立。

2015年4月15日
株式会社ベジフルファーム

農業生産法人、株式会社ベジフルファーム(所在地:千葉県富里市、代表:田中健二)は、
現在の主要生産地である千葉県富里市に加え、ベトナム法人「株式会社ベジフルファームジャパン ベトナム(vegefrufarm japan vietnam)」を現地生産者と合弁会社として設立しました。

背景にはTPPによる貿易自由化に伴い、諸外国が農業競争力に率先的にしのぎを削っている時代において 日本の農業技術は世界でもトップレベルである事の誇りを持ち、率先的に日本農業の技術を啓蒙する事を目的とします。

ベトナムは就業人口の7割が農業従事者であり、農業界のメジャーリーグとも揶揄されるものの、技術力は日本が遥かに凌駕します。日本国内では農業人口の危機がささやかれる中、相互の優位性を補完し合うため、ベトナムの首都ハノイ近郊にて50ヘクタールの土地を確保し、現地の生産者と合弁会社を設立しました。直近では一次生産者として従事するも、最終的には2次産業でのシェア獲得を目指します。

これらは日本の一次生産者に新しい道筋を示すとともに、 国際競争力を持ち、自由競争原理に基づく農業を行う事を提唱します。

「俺に日本は狭すぎる」と意気込む代表の田中を筆頭に、同社では更なる農業の可能性を模索して参ります。