TheTIMESALE
時限的価値により、店舗と周辺の顧客を繋げるサービス『ザ・タイムセール』
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

  • 0
  • 0
  • 0
ザ・タイムセールについて

■概要
お店のタイムセールを周辺の人へ通知するアプリ「TheTIMESALE(ザ・タイムセール)」
2018年7月に大幅リニューアルを行い、全ての業種店舗が対象となり、且つ、時限的イベントを企業・地域課題に対して自由に発生できるようになりました。

■このサービスのメリット
<お店>
お店の状況に合わせて集客できます。いつでもタイムセールが作成でき、お店の近くの人に情報が届きますので、新商品のテストや閉店時間前の在庫セール等の幅広い用途でご利用いただけます。また売上データ・顧客データ・在庫データを分析することで、AIによる、製造や販売に対してのリコメンド機能を提供予定となります。
<ユーザ>
自宅や仕事、遊びでよく使う駅をアプリに設定しておくと、その駅周辺の店舗がタイムセールを行うとその情報が連絡されてきて、お得に商品等を購入することができます。
<企業>
特定の商品・サービスに対して、特定の地域、時期・時間に、どのような店舗で提供するイベントを発生させることができます。
<市区町村>
特定の地域に時限的価値を発生させる事で、ユーザーに行動変容を促し、地域の課題を解決するようなサービスを提供できます。
(2018年7月より山梨県富士吉田にて、渋滞の緩和と観光地繁栄における実証実験実施中)

■実績
・ユーザ数:数5万人(ユーザ分布は、20代女性が最も多く、20代、40代、30代、50代の順で多い)
・導入店舗:約250店舗

■ターゲット
・20代~50代の会社員・OL、地域の観光客、今後はインバウンド

■狙い
当アプリは『「店舗」と「その地域の人」をつなげ、地域を活性化させる』を目的としており、「遠くの人気店より、近くの良心店」をコンセプトに展開しております。

なぜやっているのか

Noimage

フードロス削減のためのサービスとして開発しました。
飲食店だけでなく、他業種の店舗さまからの要望で、全ての店舗に同様の概念でサービス提供しました。店舗版メルカリのようなサービスとして提供させて頂いております。

どうやっているのか

Noimage

店舗とユーザの関係性を強める事を徹底するとともに、タイムセールを他ジャンル展開し、色んなサービスからタイムセールが作成・閲覧できるようにすることで、タイムセールの頻度を高め『近くにあるお得なショッピングモール』のようなサービスにしたいと考えております。

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)
  • スタッフ探し
  • 取材してほしい

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。