wizpra
「顧客体験」と「従業員体験」を最大化し経営改善を支援するクラウドサービス
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
3
メンバー
2

ニュース

2015.12.22
PRESS

横浜FCを運営する株式会社横浜フリエスポーツクラブが wizpra NPSを導入し、顧客ロイヤルティの向上へ

株式会社wizpra(本社:東京都中央区 代表:今西 良光、以下「wizpra」)は、自社開発の「wizpra NPS」を、株式会社横浜フリエスポーツクラブ(所在地:神奈川県横浜市 代表取締役社長兼COO 北川 浩史、以下「横浜FC」)が導入したことをお知らせいたします。

wizpraは、NPS(Net Promoter Score)を活用し、顧客の推奨度という観点から、企業の収益改善、ブランド価値向上に貢献するクラウドサービス「wizpra NPS」を開発・運用しており、サービス提供開始以来、顧客接点のある様々な業界で導入が進んでいます。

NPSは顧客ロイヤルティを数値として算出できるだけでなく、企業の収益性と強く相関することから、「究極の指標」としてすでに米国の売上げ上位企業500のうち35%以上で採用されています。

■横浜FCに関する顧客のロイヤルティを幅広く調査
横浜FCは、Jリーグに所属する株式会社横浜フリエスポーツクラブによって運営されており、日本プロサッカーリーグに加盟する神奈川県横浜市をホームタウンとするサッカークラブです。

今回横浜FCは、来場者やクラブメンバー会員など、横浜FCに関係する顧客の声を広く調査し、クラブへのロイヤルティ(愛着・信頼度合い)を計測します。また、顧客の声の分析を通して、ファン・サポーターに対するクラブの在り方を再定義し、より顧客に愛されるクラブ運営を行う予定です。

■新規顧客獲得に帰属する指標としてNPSを採用
NPSは顧客に対して「推奨度」を聞くことでロイヤルティを計測する指標です。推奨度が高い顧客は、実際に周囲へ口コミを拡散することが多いことが、過去の実績から判明しています。NPSを向上させ、推奨者を増やすことで、「顧客が顧客を呼ぶ」仕組みを作り出すことができます。横浜FCにおいても、NPS向上を通して、新規クラブ会員の増加や、スタジアムへの来場者獲得を積極的に行います。

■スポーツ業界等でのNPS調査・コンサルティング実績のあるwizpra
wizpraがこれまでに行ったスポーツ業界でのNPS調査をもとに、NPS向上に影響がある要素をより明確化していきます。また、顧客の声を分析することによって課題に優先順位をつけ、施策への落とし込みを行います。