サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
2
メンバー
1

サービス紹介文

D359f3d6 7c70 4a38 b7af 806eebe0edd6
  • Thumb d359f3d6 7c70 4a38 b7af 806eebe0edd6
タメコの「脱ビーコン」RTLSについて

当社は本来、有名外食店舗を中心にモバイル販促を行うB2C系スタートアップでした。このような小売業界のモバイル販促には、ユーザーの来店履歴(だれが、いつ、どこに来ているか)を収集する必要がありますが、外食店舗スタッフは人材不足やITリテラシーの欠如などの原因から、どうしても来店認証を自動化する必要がありました。当社が開発したアプリさえスマホにインストールしていれば、普段どおり来店するだけで、そしてどこに座っても来店認証が自動でされる。ただし、店の前を通り過ぎたり、一瞬トイレを借りるだけでは来店として認識されない。そんな、夢のような高精度での入店・滞在・退店測位が必要であったわけです。アップル社のiBeacon規格に基づくビーコン端末を当社も最初は試しましたが、来店認証をするには誤差があまりにも多く、リアル小売店舗での来店認証には実用性がないことを学びました。そこから、当社のお得意様である吉野家グループに多大なるご協力を得て、様々な開発の結果Bluetooth等を活用した独自の位置・動線測位システム(real-time location services, RTLS)を開発しました。そうこうするうちに当社のiBeacon規格にとらわれない、「脱ビーコン」技術が新聞で数回話題になり、自然とメーカー工場様やそのお取引先様より問合せをいただくようになりました。廉価かつiBeacon規格の3倍は精度のよい「2m」の屋内外測位システムとして、現在はフォークリフトから工場作業員のIoT式身体安全及びウェルネス強化ソリューションとしてB2B領域へ事業モデルの舵をきっております。工場から物流まで、位置測位システムは精度とコストがこれまでボトルネックになってきましたが、その両方を当社RTLSにより世界に前例のないレベルで解消できたと自負しております。IoT時代、当社技術をロボットや視覚障碍者の現在位置測位にも転用していくことにより、あらたなモビリティ社会を築いてゆけるものと確信しております。

なぜやっているのか

Noimage 453ee38e793526a1829c47d79e6f781e59b52c2357d3e4932cae4b4557608ac9

当社は、最先端テクノロジーのチカラで「弱者を最強にする」ことに生きがいを感じているチームです。スマホ販促に悩むアナログな外食店舗に対するO2Oソリューションから、ヒトやモノの位置動線測位によりこれまでの手間や身の危険を除去できる。他社とコラボすることで、このRTLS技術を身体・社会的弱者にも提供できることを願っています。

どうやっているのか

Noimage 453ee38e793526a1829c47d79e6f781e59b52c2357d3e4932cae4b4557608ac9

テクノロジー系スタートアップの存在意義は技術力と熱意だと思っています。それが成長のドライバーであり、困難に立ち向かう勇気とエネルギーの源泉であり、スケールする際の他社との役割認識の線引き根拠でもあります。

今やっていること

93718fcc 3f8f 4fc5 a63f 509411e0b68d
POSでもとれない、根深い 消費者心理をTamecco IOTが学習

スマホ操作を必要としないTameccoの位置測量技術が、
購買取引に未到達の消費者関心商品および
ユーザー毎の関心度を可視化。

5c9cdab3 dada 425f 87ae 642afe16a9a9
リアルタイム・ 行動ターゲティング販促

Tameccoのリアルタイム位置測量技術が、コンテンツのみならず、貴社顧客がそれを受信する場所とタイミングまで自動でパーソナライズし、リアル店舗で極限の
顧客エンゲージメントを実現。

9cd8d29b aef7 40f0 a9c1 67f85e70bf8c
超高粒度で実現する施設内 ユーザー位置判定技術

顧客のスマートフォンがスリープモードの状態で、Tamecco IOT技術が顧客の入退店を自動察知。さらに、
店内特定箇所への滞在も高粒度で自動判定。

こんなサポーターを求めています

  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。