たべいく
収穫体験やオンライン体験を通して「食育」が学べる通販サイトです。 当社ミッションである「食べるをつなぐ」~食育機会をつくる~を達成するために、食育に繋がる収穫体験や専門家から食材のことが学べる食材付きオンライン体験の予約ができるサイトです。
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
3

サービス紹介文

365マーケットについて

 「食育通販サイト たべいく」 ※2021年7月リニューアル

食育をテーマにした商品を取り扱います。具体的なカテゴリーとして、

①収穫体験などの体験サービス
②オンライン体験サービス
③宅配商品

この3つのカテゴリーの商品を広く普及させることで、当社ミッションである「食育の普及」に努めていきます。そして、身体的、精神的、社会的な健康を誰もが享受できる社会を創造してまいります。

同時に食育メディア「食オタマガジン」と連動させることで、通販サイトでは表現できない部分を補完し、コンテンツマーケティングを推進していきます。

なぜやっているのか

八百屋さんの数はこの30年で7割減り、中食志向の強まりで、総菜の販売が7割増えています。便利になった反面、八百屋の店主が野菜の食べ方や保存の仕方などを教えてくれる機会や、食材の裏側にあるストーリーを学ぶ機会も減ってしまいました。我々は、これを食育機会の喪失と呼んでいます。その食育機会の喪失は、身体的、精神的な健康だけでなく、社会的な健康にも影響を及ぼしています。我々は、便利な社会にあった形の持続可能な食育の機会をつくり、世の中を「健康=ウェルビーイング」な状態にしていきたいと思います。

どうやっているのか

食育の普及には以下の条件が必要です。
①食育機会
②楽しい食育コンテンツ

食育とは、食べ物をテーマにしたひとつの教育ですが、生涯教育でもあるので、子どもだけでなく、大人も対象です。
大人に、食育が施されれば、自然と子どもにおちていくと考えてます。なので、健康経営やウェルビーイング経営を推進する企業を中心に、「食育マルシェ」を広く展開したいと考えています。

今やっていること

健康経営のためのオフィスで行う野菜提供付き食育マルシェ「365マーケット オフィス」

食の資格者が、健康経営を目指す企業向けに、野菜の食べ方や保存の仕方、産地情報などを食の資格者が提供することで、野菜に興味をもってもらい、健康意識を高めてもらうサービスです。

男性 女性 BtoB BtoC BtoG CtoC
商業施設店頭で行う集客マルシェ「365マーケット マルシェ」

商業施設の集客として、食の資格者が産直野菜を販売する野菜イベントです。
その際の販売価格はプロモーション価格として、超安価で、無農薬野菜・新鮮野菜など高品質です。
当サービス価値は
①商業施設は、定期開催で、来店動機をつくれる
②食の資格者は、食の資格を活かしたお仕事ができる
③生産者は、完全買取の卸先が見つかる
④消費者は、高品質野菜が安価に入手できる

女性 BtoB BtoC 高齢者 国内

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)
  • 取材してほしい

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。