女性の為の介護サロン
介護保険に頼らない介護サービスサロンで、きらめくシニアライフを
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

女性の為の介護サロン

「介護保険を使いたいが、認定がつかないので、利用できない」という方がたくさん、我が施設に訪れます。
実際に、足腰も弱く、歩くのも大変な高齢者の方が、介護サービスを受けることができずに、家にこもっているケースはたくさんあります。また、介護認定がついても、毎日利用するわけではなく、週に数日の利用される方が多いのですが、いざ、何かがあるときに駆け込めるサービスがないのが現状です。そこで、「介護サロン」を作り、機能訓練、学習カリキュラムを兼ね備えた設備をおき、契約を考えずに自由に使える施設を作りたいと思います。サロンの内容としてはは、介護に関するものや娯楽に関するものなど、デイサービスに近いイメージのサロンに、女性視点の欲求が満たされるようなツールを配置。ただ単に機能訓練のだけでなく癒しや美のテイストも取り入れ、いつまでもキラキラとしたシニアライフを送って欲しいと思っています。

なぜやっているのか

Noimage

社会保障に関する国家予算が捻出できない現在、介護保険サービスにも影響が出てきているが、今後の2025年問題に耐えうる支援体制は非常に薄い。現実においても、介護保険の認定すらつかない高齢者が増えており、今後は介護保険外サービス利用への転換も視野に入れておかねばならない。そこで、軽度な要介護者向けのサービスを兼ね備えたサロンを作る。癒しなどを取り入れたサロンを通して、健康な生活を送っていただきたい。

どうやっているのか

Noimage

サロンに、認知症予防、機能訓練、学習カリキュラムを兼ね備えた設備をおく。現在、家族の見守りがない中での家庭での事故などに対する不安が大きいことから、日中に利用していただくことで、家族の負担軽減にも繋がる。
サロンは、介護に関するものや娯楽に関するものなど、デイサービスに近いイメージのサロンに、女性視点の欲求が満たされるようなツールを配置。

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。