マーソ
国内最大級の人間ドック・健診の予約サイト
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
3
メンバー
1

ニュース

2015.12.25
PRESS
A5cfac6a 1bb5 41ed 9a47 4b81b0bce748

日本最大級の人間ドック・健診予約サイトの「マーソ」、全国47都道府県すべてで医療施設と提携・サービス展開~予防医療を身近にし、「健康寿命」の延伸をサポート~

日本最大級の人間ドック・健診予約サイト「マーソ(https://www.mrso.jp/)」を運営するマーソ株式会社(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役:山口博道、以下当社)は、2015年12月25日に、日本全国47都道府県すべてにおいて、提携する医療施設の人間ドック・健診の予約受付の提供を実現いたしました
日本最大級の人間ドック・健診予約サイト「マーソ(https://www.mrso.jp/)」を運営するマーソ株式会社(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役:山口博道、以下当社)は、2015年12月25日に、日本全国47都道府県すべてにおいて、提携する医療施設の人間ドック・健診の予約受付の提供を実現いたしました

■全国700以上の医療施設と提携、約3,500以上のプランから検索・予約可能
マーソは2014年のサービス開始以降現在までに700以上の医療施設と提携している、日本最大級の人間ドック・健診予約サイトです。日本人にとって予防医療をより身近なものにするため、約3,500プランを価格・場所・検査コース・日程から検索することができ、また国内初となる全国の提携施設で使用できる人間ドック・健診共通ギフト券「マーソギフト券」の発行や、T-ポイントとの連携、ホテルや旅行サイトとのプラン提携など様々な取り組みを行っています。
■今後は検査だけではなく、運動・食事・睡眠・メンタルヘルスの充実も視野に。
日本の成長戦略において、「国民の健康寿命の延伸」は大きなテーマの1つです。政府は国民の健康増進・予防へのインセンティブを高めることにより公的負担の低減、並びに公的保険外の多様なヘルスケア産業の創出を通じて、健康産業の活性化を目指しています。

マーソでは、予防医療の振興を通じ、「健康寿命を8年延伸する」ことをミッションとしています。今後は、検査だけではなく、運動・食事・睡眠・メンタルヘルスの充実が重大な要素と考え、新しいサービスの提供を行ってまいります。
■主要取引先
国立研究開発法人 国立がん研究センター、全国厚生農業協同組合連合会、社会福祉法人 恩賜財団済生会、徳洲会グループ、日本赤十字社、IMSグループ、国立循環器病研究センター、公立昭和病院、セントラルクリニックグループ、 桜十字グループ、六本木ヒルズクリニック、四谷メディカルキューブ、 PL東京健康管理センター、医療法人進興会、社会医療法人大雄会 、 大阪回生病院、日本医科大学健診医療センター、医療法人健昌会、 関西医科大学天満橋総合クリニック、医療法人聖授会、 戸田中央総合健康管理センター、東京警察病院、外苑東クリニック、 ピンクリボン ブレストケアクリニック 表参道、NTT西日本大阪病院、 阪和インテリジェント医療センター、そのほか全国700以上の医療施設