m2m
民泊と短期賃貸を合わせ、180日規制下でも民泊事業者の収益を確保できるようにする民泊プラットフォームサービス
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

D14de85f 6d84 48cd b479 276ae9d122e5
  • Thumb d14de85f 6d84 48cd b479 276ae9d122e5

現在、民泊は5万室から20万室に拡大、2020年には2000億円の市場規模に達成する見込み。
しかしその一方で、今年の6/9に制定された民泊を合法化する住宅宿泊事業法では住宅地域でも民泊を始められる法律だが、年180日以下の営業に関してのみしか適用されない。
そのため、合法的に民泊営業をするために年185日をどう収益化するかが課題である。
マンスリーマンションや社宅、貸し会議室、スペース貸しなどを組み合わせて年185日を収益化するサービス。様々な貸し方においていくつかの提携企業が民泊の物件に対し客付けをしていく。

なぜやっているのか

Noimage

民泊のカスタマーサポートを1年間、前の会社でやっており今回の会社ではその時のデータおよびノウハウをもとに人工知能を含めた返信のチャット管理ツールを作っている。チャットでの返信はBotで返すには正確性が足りなく人が返すには返信速度が足りないと感じAIと人間との協調返信をシステムで行っている。

こんなサポーターを求めています

  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)
  • 協業・コラボ(リソースを提供したい)

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。